プライベートブログ
秋のピクタ農園順調です。

10月に入って来週には早くも後半、そして明日からは長雨と気温が

下がって寒くなるようです。本当に秋を感じますね。

 

さて、仕事多忙でブログ更新はなかなか出来ませんでした。

先月に続き今秋のピクタ農園も順調です。

 

 

9月初旬に植えた「リーフレタス」の苗。すっかり大きくなりました。

苗を3本しか植えませんでしたが写真のように成長しすぎて毎日サラダに使っても

食べきれません。気温が高い日があったので少し「トウ立ち」し始めているので

そろそろ全部収穫しないといけないかも?

 

 

9月中旬に蒔いた赤い大根。2回目の間引きも終わって段々大きくなってきました。

 

 

こちらは「辛味ダイコン」。薬味用なのでサラダや煮物には向きませんがこれからは

新蕎麦が出るのでそのわき役に良いかもしれません。成長はミニ大根なのか赤い大根より

成長が早いです。

 

 

こちらは「カブ」。種が小さいのですが同じ日に種を蒔いたのにダイコンと成長が

同じくらいです。こちらは3回目の間引きをしました。

 

 

こちらは「ラディッシュ」。成長はいいんですが根が太ってきません。もしかしたら

元肥が多かったかも。(元肥が多いと成長しますが根が太らない事があります。)

 

 

かぶの根本を見てみる。前回土寄せしたので根は張っていると思います。まだ間隔が

狭いのであと一回間引きをしないとダメかも。

 

 

こちらは辛味ダイコン。同様にしてもう一回間引きが必要ですね。

 

 

皮肉にも放置してあったナスの苗が復活してきました。ツボミも持っていますが

これからの寒さで枯れます。なかなか上手くゆかないものですね。

 


ピーマンも最後の収穫とか言いつつ実がなったものですからもう一回収穫を伸ばしますか。

 

 

青じそは種採り待ち。早く種を採らないと次に植える「フリージア」の鉢が足りない!

 

 

この芽は「タアサイ」。移植を嫌わない植物なのでポットで苗を育てておいて後から

プランターに植え替えます。なんでもホウレンソウより栄養価も高いとか。

極寒でも成長するんだとかで真冬の貴重な料理アイテムになるかもしれない。

 

 

 

間引きの終わった今回農園の全貌。秋にこんなに「葉物」を植えたのは初めてです。

11月中旬には収穫が始まります。食べられるものだけにちょっと嬉しい。

 

 

2便目の「ラディッシュ」も芽が出てきました。前回と2週間違いで種まきをしましたが

気温が下がって随分と差が出てしまいました。

 

 

こちらは「辛味ダイコン」の2便目。1鉢で5、6本くらい収穫が見込めそうです。

間引きした双葉はサラダに使えるのでなかなか重宝です。

 

これからはまだ「チューリップ」や「フリージア」の球根も植えなければなりません。

仕事が落ち着いたらゆっくりやろうと思っています。それにしても今秋はプランターが

足りない!どうしよう・・・。

 

| atelierpicta | ピクタ農園 | 23:55 | - | trackbacks(0) |
懐かしい味。

今日はますます寒くなって11月上旬並みの気温になりました。

これからはだんだんと嫌な季節がやってきます。

 

先月家族のお見舞いに名古屋へ行ったときに東京地区では赤みそが

ほとんど売ってない事を話しておりました。そんな事から今日、

家族から嬉しい頂き物が届きました。

 

 

名古屋と言ったらやっぱり赤みそ。東京地区でも売ってなくはないのですが

需要がほとんどないみたいであってもサイズが小さかったり値段が高かったりと

なかなか買う機会がありませんでした。また知らないメーカーのモノを買ったことが

ありますが美味しくありませんでした。

 

2袋送ってくれましたのでしばらくは料理に活躍してくれそうです。

なので今日は寒い事もあってこれを早速作ってみました。

 

 

トン汁。今日みたいに寒い日にゃー本当に頼りになる料理。具をふんだんに入れてと。

 

 

大なべに今回届いた赤みそを惜しげもなくドカーンとぶち込みます。

赤みそなので少々濃いめでもしょっぱくはありません。むしろ味濃いめが名古屋流!!!

香り付けにゴマ油を一振りするのがポイント。少し煮込んで完成です。

 

さらにもう一つ料理を。料理というより薬味の役割ですかね。

 

 

我が家の「青トウガラシ」。これを使って唐辛子味噌を作る事にしました。

 


今回用意したのは今日収穫した青トウガラシと8月に収穫して冷凍保存していたものを

合わせて使用することにしました。

 

 

用意するのは刻んだ青トウガラシ(刻むだけでカプサイシンから涙ポロポロ)と

赤みそに「酒・みりん・砂糖」を同量ずつをボールにあけてよく練り合わせておきます。

 

作り方はまず刻んだ青トウガラシをゴマ油でしんなりするまで炒め、この後に味噌を

入れて焦げないように攪拌しながら練り上げてゆきます。焦げないように注意すれば

約10分ほどで出来上がります。あとは常温に冷えたら瓶詰して冷蔵庫で保管します。

 

 

出来上がったトウガラシ味噌。ごはんに乗せて食べても美味しいし、薬味にも重宝

します。買うと結構しますが自家製なら気にする事もありません。

冷蔵庫に保管すれば3,4カ月は充分に持ちます。

 

 

先ほどのトン汁で体を温めたら今夜も少し残業しましょうかね。

久々の赤みそ、ありがとうございました。

| atelierpicta | 日記 | 21:37 | - | trackbacks(0) |
中秋の迷月?

10月に入り今日は今秋一番の冷え込みになりました。これからは日に日に

寒くなってゆくのでしょうか。

 

先月末からパソコンへ繋ぐカードリーダーとSDカードの不具合が発生して

仕事多忙もさることながらブログ更新が出来ませんでした。

仕方がないので今日、新しいリーダーとSDカードを買ってきました。

 

さて、今日は「中秋の名月」ですね。天気予報は晴れとあったのですが

雲が多くて東京地区はちょっといつものように月が美しくありませんでした。

 

 

コンデジで三脚無しのフリーハンドなので綺麗に撮影は出来ませんが雲に燻された

ようなお月様。

 

 

雲が切れるのを待っていましたがなかなかタイミングが合わず寒い事もあって断念しました。

 

 

 

うーん、やっぱり中秋の名月というより迷月になってしまいましたね。

次回までにはちゃんと一眼レフを買って撮影に挑戦してみたいと思います。

 

「中秋節快楽!」。

| atelierpicta | 日記 | 23:55 | - | trackbacks(0) |
自家栽培でサラダを作るゥ〜。

昨夜からの雨も上がり晴れ間が指してきました。明日からはまた晴れるみたい。

 

先日から秋のピクタ農園を開始しましたが早くも初収穫が始まりました。

秋の家庭栽培は「葉物」中心なのですぐに収穫が見込めます。

 

 

彩りが鮮やかなグリーンリーフレタスとレッドリーフレタス。思ったより早く成長し始めた

ので外葉から収穫することにしました。

 

 

プランター一杯に広がった「ラディッシュ」の苗。込み合っていると根太りませんので

間引きをしなくてはなりません。

 

 

こちらは「カブ」。種が小さいので双葉も小さいですが発芽率が良くてたくさん芽が

出ています。当然こちらも間引きをします。

 

 

こちらは「もみじスティック」という赤いミニ大根。辛味がなくどちらかというとサラダ

向けの品種。根の中も赤いので彩には良いみたい。種の値段も高く量も少ないので

間引きはもう少し様子見かな。

 

 

こちらは先ほどのダイコンと違って「辛味ダイコン」。水分が少なくて辛味の強い薬味

向けのダイコン。こちらもかなり発芽が良くて間引きを敢行。

 

 

ちょっとピンボケしちゃいましたがラディッシュの苗です。約3分の一ほど間引きを

行いました。大体成長に合わせて3回ほど間引きを繰り返して収穫に備えます。

 

 

こちらも間引きを終えたカブ。かなり間引いちゃいました。

 

 

間引いたそれぞれの苗。こちらは綺麗に洗ってサラダに活用します。

 

 

涼しくなってから元気がだんだんなくなってきたピーマン。実はなりますがなかなか大きく

なりません。肥料はあげていますが日照と気温が影響しているのでしょうか?

今成っている実を収穫したら今年は終了です。

 


切り戻しをした「ナス」。セオリーとおりお盆前に切り戻し(剪定)をしたのですが

今年は夏の気温が低かったせいか成長したものの苗に活気がありません。花も生気が

なく結実(実が成る事)しそうにもありません。

 

 

昨年植えた「ミョウガ」ですが今年も花のつぼみが出始めました。ミョウガはこの

花のつぼみを食べます。花が咲いてしまうと味が落ちますのでつぼみの固いうちに

収穫します。鉢の周囲に副って芽が出来ています。ちなみにミョウガを食べ過ぎると

ボケると言われますが科学的な証拠がなく俗信です。

 

さて、今夜はこの野菜を使って一品作りますかね。

 

 

冷蔵庫にあったキャベツとキュウリを加えてツナ・グリーンサラダを作りました。

お金掛からないし、採り立てが嬉しいです。

 

 

今月初め、所用で名古屋へ行ったときに泊まった「アパホテル」のキャンペーンで頂いた

人気(らしい)のレトルトカレー。パッケージの社長の写真がちょっと怖いけど

お味は食べた方の96%が美味しいと絶賛されたそうです。

早速味見をしましたが確かに美味しいです。たまにはレトルトカレーもいいもんですね。

 

今夜はちょっと早めに食事をして仕事に勤しむ事にします。

 

| atelierpicta | ピクタ農園 | 18:55 | - | trackbacks(0) |
秋のピクタ農園進んでいます。

折角の3連休なのに無情にも台風が来て台無しになりそうです。

各地で被害も出ていますので早々に立ち去って欲しいところですね。

 

さて、先日より秋のピクタ農園をスタートさせましたが早くも

動きが出てきました。

 

 

前回のブログ(9月13日投稿)に今年度の種まきをしました。写真はカブの種ですが

他にも何種類かのタイコン等の種を蒔いておきました。

写真のかぶの種が青いのは防腐剤がコーティングされているからです。

 

 

種まきは「粒蒔き(点蒔き)」、「バラ蒔き」、「スジ蒔き」の3つの基本蒔きが

ありますがダイコンやかぶは写真のように線状に蒔く「スジ蒔き」をやります。

ラディシュやホウレンソウなど葉物は「バラ蒔き」をよくします。

 

 

今回初めて植える「リーフレタス」もポットからプランターに定植しました。

早ければ来月上旬には収穫が始まりそうです。

 

種まきしてから今日で3日目。台風が来ているので軒下に入れようとベランダに

出てみるともう発芽しているじゃありませんか!

 

 

写真は辛味ダイコン。これから薬味にたっぷり使えるダイコンが実りそうです。

 

 

こちらはかぶの発芽。なかなか幸先よいスタートみたい。収穫まで約50日ほどかかりますが

冬が来る前に何だか今から楽しみです。

 

 

全体的にこんな感じ。来週にはどんどん発芽して緑のジュータンのようになりそうです。

 

 

お盆前に剪定したナス。このところ低温が続いて成長がちょっと心配です。

 

 

こちらは剪定直後のナス。ご覧のとおり丸坊主でした。

 

 

ピーマン。盛夏時と違って苗に勢いが見えなくなってきましたが追肥をしたので

今月いっぱいくらいは収穫があるかと思います。今年は随分と活躍してくれました。

 

 

例年になく今年は低温の夏のせいか頑張ってくれた青じそ。さずがにもう無理の様です。

シソ穂も咲き出していよいよ終了です。あとは種採り作業を待つのみです。

 

さて、今年も楽しませてくれた夏のピクタ農園。毎年のことではありますが存分に楽しめました。

これからは秋の舞台に移ってまたいろいろと栽培してみようと思っています。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 22:34 | - | trackbacks(0) |
秋のピクタ農園が始まるゥ〜。

今年の夏は家庭内、仕事上の事が重なりずっと忙しい日々が続いておりました。

9月に入り2週目の今週からやっと落ち着いて生活ができるようになりました。

そのせいもあってこちらのブログはなかなか更新まで手が回りませんでした。

 

さて、毎年楽しんでいました夏のピクタ農園も終焉を迎え、これからは

秋のピクタ農園に入ろうとしています。

 

ここからは夏の間楽しませてくれた夏のピクタ農園の様子です。

 

 

全盛のミニトマト。今年も10本苗を植えましたが今年度に収穫したトマトは累計で

500個を超えました。多くの方に差し上げて大変喜んでいただきました。

 

 

こちらは上記トマトの黄色種。こちらはまた一段と糖度があり甘くておいしかったです。

今年の夏は7月に気温が急に暑くなったんで成長が早くから止まりお盆まで収穫が

見込めませんでした。

 

 

タカノツメ。毎年赤くなってから収穫することが多かったのですが同時に植えていた

「空心菜」の料理に使うためどんどん収穫していたら保存用の分がなくなってしまった。

 

 

昨年に引き続いて今年も種を蒔いたエンツァイ「空心菜」。この野菜は本当に簡単で

肥料と水をやっておけば虫もほとんどつかないし、食べてもおいしい野菜なので重宝しました。

9月も暑い日が続けば10月初旬まで収穫が見込めます。

 

 

自家製の「空心菜」と「タカノツメ」を使用してニンニクと炒めた一品。

栄養価もあって食感良くて本当においしい野菜です。

 

 

こちらはエダマメですが品種は「丹波黒豆」。普通のエダマメより味が濃くて

薄っすらと黒い実が特徴。実は完熟すれば真っ黒になります。一般的にはスーパーには

並ばないのでおすそ分けした飲み仲間からは絶賛されました。

 

ここからは現在の様子。

 

 

あれほど活性を見せていたミニトマトやキュウリも収穫を終えてベランダは

さっぱりした状況になっています。手前のナスは8月上旬に「剪定」を

行いましたので8月中に新芽が吹いて6月頃みたいに活性化してきました。

 

 

ナスは7月までは旺盛ですがさすがに苗が疲れてきて実成りも悪くなって普通はこれで

枯れてしまいます。そこでお盆前に剪定をすることで苗が吹き返します。

 

 

青じそ。普通収穫は7月までで終了になりますが日陰に置いていたものは若干葉が固くは

なりましたがまだまだ料理に使えそうです。

 

 

こちらはピーマン。プランターに2苗植えましたが今年は随分と活躍してくれました。

まだまだ実が成っており、10月上旬まで収穫できそう。

 

 

こちらは「ミョウガ」。昨年も収穫できましたが今年は早くから花芽が出ていますので

しばらくは料理の薬味に使えそうです。

 

 

野菜ではありませんが8年前に友人からもらったアサガオの種。今年も綺麗なピンク色の

花を咲かせてくれました。すでに種が出来ていますので次年度に繋げることができますね。

 

ここからは秋のピクタ農園の準備。

 

 

秋のピクタ農園は半分は来春にさくチューリップと野菜作りが中心。今年度はいろいろな

モノに挑戦しようと思っていましたのでまずはレタス(リーフレタス)を植えてみることに。

サラダ用にグリーンとレッドの2種を植えてみることにします。

 

 

秋は「葉物」の野菜が中心になります。ナス科や豆科の野菜と違って連作障害が起きにくい

ので安心して植えることができます。今年は毎年植えている20日ダイコンのほか

ミニ大根やカブ、鍋や炒めものに美味しいとされる「タアサイ」を植える事にします。

 

そろそろ気温も下がってきて発芽し易い環境になってきましたので早速種まきして

見ようと思っています。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 13:16 | - | trackbacks(0) |
プチ誕生会。

8月に入ってすでにお盆も過ぎて来週には早くも9月になります。

今年は特に仕事が忙しくて気が付くともう一月以上もブログの更新をしていませんでした。

 

さて、昨日は自身の誕生日でした。子供のころのように何かわくわくするような

事はない年ではないですが毎年この日が来ると生きて来たんだなと実感します。

そんな中で昨夜は友人がお祝いをしてくれました。

 

舞台は時々このブログに登場する西武池袋線大泉学園駅北口から徒歩3分ほどに

ある中華料理店「千味餃子」さんへ。

 

 

日曜日でしたがそれほど混んでいなくてのんびりできました。

 

 

先日シンガポールの旅行から帰ってきた台湾人の友達と店主である中国人のお友達で

誕生祝いをして頂きました。まずは乾杯!

早速料理を注文します。

 

 

彼女の好物「エビマヨ」からスタート。いつものことですがプリプリで美味しい!

 

 

「腰果鶏丁」(ヤオグアジイディエン=カシューナッツと鶏肉炒め)。

おいらも結構好きな料理の一つ。

 

 

どんどん出ます。「モンゴウイカとセロリの炒め」。シャキシャキ感が美味しい。

 

 

ジャガイモの細切り炒め。こちらもシャキシャキ感が美味しい。

このあと写真を撮り忘れてしまいましたが「タンタン麺」をシメに頂いて料理は終了。

 

 

食後のデザートよろしくサプライズが・・・。ケーキなんて自分では買って食べませんので

本当に久しぶりに頂きました。クリームも甘くなくておいしかった。サプライズ有難う。

 

 

そしてプレゼントも。旅行先のシンガポールで買ってきてくれたもの。

「生日禮物謝謝!」(誕生日プレゼント有難う!)

 

何気ない日が嬉しい一日でした。

| atelierpicta | 日記 | 18:00 | - | trackbacks(0) |
明けの明星、そして赤い月。

今日は各地で今夏一番の猛暑になったようです。まだ梅雨も明けていないのに

これからが思いやられます。今年は酷い猛暑になると予報を見たことが

ありますが、出来たら予報は外れて欲しいものです。

 

昨日は数年に一度と言われる晴れの七夕でした。こんな時こそ「天の川」でも

見たいところですが都会の明かりじゃそれも叶いません。

時間さえあれば郊外に出てのんびり星でも眺めてみたいそんな夜でした。

 

昨夜は深夜(と言うより朝ですね。)まで仕事をしていましたので

久しぶりに明けの明星でも寝る前にぼんやり眺めていました。

 

 

夜明け前の午前4時ごろの撮影。明るくなって来た東の空に浮かぶ「金星」。

宵の明星は時々見かけますが(無意識で見ることが多いです。)

明けの明星はなかなか見ませんね。このところ夜更かしが当たり前になってきていますので

これからは注意しないといけませんね。体が資本の自営業、健康管理も仕事のうちですね。

 

 

そして一晩明けて今夜の「赤い月」。ちょうど野菜に水を遣ろうとしたときふと見て

撮影してみました。

 

 

同じくして東の空に浮かぶ赤い月。満月は今月9日ですがほぼ満月に見えますね。

 

 

UPで撮ってみました。コンデジ撮影ですが何枚か撮って一番よく映っていたものを

載せてみました。月はなんとも神秘的な天体ですね。

 

月は東から上り、太陽は西へ沈む。なかなかこの時期としては見ることのない事でしたので

ふと気に留めてしまいました。

| atelierpicta | 日記 | 23:49 | - | trackbacks(0) |
茄子三昧ィ〜。

昨夜は予報通り台風がやってきましたね。おいらの住むところでも

結構な雨が降りました。今年の梅雨は降雨が少ないみたいですが

やはり一度に降ると災害が起きます。何とか加減できないのですかね。

 

さて、今年も例年通り夏野菜を中心に栽培をしているピクタ農園ですが

今日もこのネタでいきます。ほかにこれっというトピックスもないものですから。

 

家庭菜園でおいらが一番苦手なのは「ナス」なんです。実際には難易度は

それほど高くはないのですがおいらとは相性が悪くてなかなか上手くゆきません。

しかし、それを超えることで何かが見えてくるのは何のことでもそうなので

今年は気合を入れてナスの栽培をネットで見ながら自分なりに勉強しました。

 

 

その結果、今年初めて写真のとおり立派な苗に成長してゆきました。苦手意識があるもの

ですから余計にダメだったのかもしれません。仕事の合間に面倒をみていましたが

手をかけた分、植物は答えてくれたみたいです。今年は計3本のナスの苗を植えましたが

すべて問題なく成長しています。

 

 

今年のナスの苗は賀茂ナス系の丸ナスの仲間を2種、あとは定番の普通のナスの苗を

植えました。写真は丸ナス種の品種で栽培元であるサントリー社が本気野菜とか

商品名にしている「とろとろナス」って品種。丸ナスで非常に大きくなります。

おいらの手と比較して大きさがお判り頂けると思います。実がギュっと締まっていて

なのに皮はとても柔らかいのが特徴です。なので食すとき皮が気になりません。

 

 

こちらも丸ナスの一種。同じくサントリー社から販売になっている本気野菜である

「クリーミーナス」って品種。上のナスは炒め物によく合い、このナスは煮物料理に

よく合うとのことです。こちらもかなり大きい実がなりました。

 

 

早速収穫します。大きさは写真のとおり。一般のピーマンや貨幣と比較してかなり

大きいのが判ると思います。このナスは炒めものによく合い、火を通すと皮まで

とろとろになり口に残りません。

 

 

こちらはクリーミーナス。煮物等に最適だそうです。煮びたしがよさそうです。

どちらも丸ナスはスーパーでは結構値段がします。大体1個¥300ほど。

なので2個以上収穫できればもとは取れます。いやらしい話ですがやはり元は心情として

取りたいですね(笑)。

 

 

早速料理しました。最近は太る事を気にして野菜中心の料理が多くなってきています。

写真は豆腐サラダに先ほどの炒め用なすを用いてナス味噌炒め(醤爆茄子=ジャンボー

チエズ)を作りました。ソースは面倒なのでCCDを使いました。

 

 

一方でもう一つのナスは定番の煮びたしと天ぷらにしました。煮びたしは素揚げして

だし汁に付けてサッと煮ます。あとは卸し大根とお好みで鷹の爪を1かけ入れます。

天ぷらもシイタケがありましたので一緒にサクッと揚げて頂くことに・・・。

 

 

久々に作ったナスの煮びたし。写真の通り彩もよく食をそそります。

手間をかけて育てたモノへのご褒美でしょうか?最後まで美味しく頂くことが出来ました。

 

夏のピクタ農園はこれからが本番。茄子をはじめ、キュウリやトマトがたくさん実を付けて

します。やはり人間である以上食べ物はとてもありがたいものです。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 15:11 | - | trackbacks(0) |
夏のピクタ農園いよいよ収穫始まるゥ。

今日からとうとう7月になってしまいました。ここ数日梅雨空で蒸し暑かった

ですが今日は比較的ひんやりして過ごしやすいです。

 

さて、仕事多忙でなかなかこれといったトピックスがないので

今回もピクタ農園の話題になってしまいました。

 

 

広いベランダで夏は野菜を中心に栽培しています。写真は向かって右側。

手前からナス、ミニトマト、キュウリの順に育てています。さらに右側には大葉と

ミョウガを植えています。ミョウガは今年で2年目になりますのでたぶん今月から

収穫(ミョウガの花が咲く)ができると期待しています。

 

 

変わってこちらは向かって左側。やはりミニトマトと挟んでカサブランカが育ってきました。

左側にはピーマンを植えてあります。

 

 

かなり大きくなってツボミも育ってきたカサブランカ。毎年秋に球根を植えて育てて

いますがさて今年もちゃんと咲いてくれるのかしら。

 

 

カサブランカの後ろ側にあるエアコンの室外機の上にはピーマンのプランターがあります。

例年ですと「パブリカ」を植えていましたがやはり収穫まで時間が掛かるので今年からは

ピーマンにしました。2本苗を植えましたので写真のようにそろそろ料理に使えそうです。

 

 

同じくピーマンの仲間で「万願寺トウガラシ」(甘長ピーマン)を今年も植えてみました。

結構実成りもよいので今日は収穫してお昼の「おかず」にすることに・・・。

 

 

トウガラシと名前がついているので辛いと思われますがそんなことはありません。

カタチが細長いだけでピーマンとほとんど味は変わりません。どちらかというと夜の酒の

つまみの方が合いそうです。

 

 

5月中旬に最初に植えたミニトマトの「ベーリートマト」名前の通り結構甘いです。

さくらんぼみたいに可愛いカタチが特徴の品種です。ひと房の実成りも結構あって

いい感じです。

 

 

ちょっとUPで。熟した実の赤色も濃くてとても甘いです。鑑賞としても良いです。

 

 

ミニトマトの苗はいろいろな品種を合わせて全部で10本植えましたのでこれからが

非常に楽しみです。すでに結実(実が成る事)したものが300粒以上ありますので

今月からは毎日食べられます。

 

 

黄色い品種のリコピン。今年は定番の赤い「アイコ」の苗は入手でいましたが黄色い

苗が入手できなかったので今年はこの品種にしました。高カロチンで甘いみたい。

そろそろ収穫できそうです。

 

 

こちらはキュウリ。毎年定番の夏すずみを植えていましたが今年は「Vロード」という

多収穫系のものを植えてみました。病気にも強く雌花も結構咲くので今年は期待できそう。

 

 

キュウリの雌花は写真のようにすでにツルの元からキュウリのカタチをしています。

キュウリは単殖成熟しますので雄花による受粉はする必要はありません。

もう今年苗を植えてから40日ほど経ちますがすでに5本収穫をしています。

まだまだ雌花のツボミが出来ていますのでかなり今年は期待できそうです。

 

 

大葉。去年は3本の苗を育てましたがお友達の評判も良かったので今年は10本の苗を

育てています。我が家の大葉は毎年種がこぼれて勝手に芽が出てくるのであとは

それを必要に応じて育てるだけです。日差しが強いと葉が固くなってしまいますので

半日陰にて育てるとそれほど葉が固くならず使いやすいと思います。

 

 

最後は昨年とても重宝してくれた夏野菜の「エンツァイ」(空心菜)。

中華料理店でよく食べられます。でも注文すると結構高いんですよね。

プランターに種直蒔きで簡単に栽培できます。そろそろ一回目の剪定が必要になって

きました。剪定することで脇芽がどんどん増えて苗が育ってゆきます。

この空心菜は非常に栄養価も高いし、味も良いのでお勧めの家庭菜園です。

 

 

っというわけで今年も順調なスタートとなった夏のピクタ農園ですが今年度は

特に仕事が忙しくて家にいる機会が多いのでますます農園の手入れが良くなって

皮肉にも野菜が育つ環境が整いそうです。本当は外に遊びに行きたいのですが・・・。

 

ああ今年こそアユ釣り・・・。行きたい・・・。マジで!

| atelierpicta | ピクタ農園 | 17:04 | - | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ