プライベートブログ
また一つ年を取ってしまった。

週明けの今日、関東地方は朝から台風の影響をもろに受けました。

被害に遭われた方、大変だったと思います。

 

もう、先週末の事ですが今年もまた一つ年を取りました。(生きてるんだからね。)

子供のころのように親が何かプレゼントしてくれるから誕生日が待ち遠し年では

ありませんがここ数年友人がお祝いをしてくれるので本当に嬉しい事です。

 

 

何だか高そうなシャンパンを頂いたり。(もう友人と飲んじゃいましたが。)

 

 

花好きなおいらに女性軍からドライフラワー頂いたりしました。

 

東京へ来てからますます人付き合いも増えたので楽しさもまた増えました。

毎年お祝いして頂き有難う御座いました。

| atelierpicta | 自分の事 | 23:37 | - | trackbacks(0) |
夏期講習へ行ってきました。

懸念されていた台風もやっと過ぎ去り昨日はとても蒸し暑い日でした。

これでしばらくは安定した天気が続くと思ったらそうでもないようです。

 

西日本は晴れて残暑厳しいみたいですが関東地方はどうやらしばらくは

ぐずつくみたいであまり嬉しくありません。猛暑でないことが救いでしょうか?

 

さて、今年もお盆は仕事になってしまい、遊びには行けませんでしたが

お盆中の三日間「夏期講習」に行ってきました。勉学なんて学生以来何十年ぶりなんで

しょうかね?今回の夏期講習はズバリ「中国語」です。

 

もう3年前くらいから台湾人や中国人など中華圏の方とお付き合いを

するようになって以前から興味があった「中国語」に惹かれてしまいました。

もちろん当初から話す事など出来ませんでした。(你好・谢谢くらい知らなかった)

 

その後、友人がときどき教えてくれる程度で1年半くらい独学でぽちぽち勉強はやっては

いましたが中国語で一番大変な「ピンイン」(発音)がなかなか習得できず、意を決して

ちゃんと学校に入学する事にしました。

 

もちろん学校も自分にあったところも探さなければなりませんし、

幸い池袋にはよく出かけるのでこの辺りでよい学校をと探していました。

縁とは不思議なものでおいらが子供のころ過ごした学校の近くにあって

これまた学習塾は名古屋に本校がある「イーチャイナアカデミー」さんに決めました。

 

今年6月に入門クラスの一番始まったばかりの授業に「体験入学」をさせていただき

その雰囲気の良さと自分にまだ間に合いそうな学習レベルでしたのですぐに入学しました。

どんな事でもそうですが背伸びして必死に追いつくだけの授業だと續きません。

 

今回は中国で一番大切なピンイン(発音)を徹底的に身に着けるという特訓コースの

紹介がありましたので今回は受けてみることになったのが今回の「夏期講習」だったんです。

 

それでは前置きが長くなりましたが、その様子をちょっとご覧頂きましょう。

 

学校は池袋東口から南へ徒歩5分ほどにあります。南池袋公園のちょっと先あたり。

蝉がせわしく鳴く午前中に出かけて行きました。

 

 

マンションの入り口に表示が見えてきます。

 

 

エレベーターを降りると直ぐに看板が見えます。

歓迎光臨(いらっしゃませ)。

 

早速中へ入って授業を受ける支度をします。

 

 

教室はこんな感じです。教室は3部屋ありますが奥の一番大きな部屋で

しかも今回の受講者はおいらだけです。なんとも贅沢なんでしょう。

 

右側にある「福」が逆さまに貼ってありますね。中華料理店でも良く見かけます。

これはジョークではなく「福倒」つまり福が到くと同じ発音の「福到」という意味で

逆さまにしてあるとても縁起のよい習わしなんですね。

 

 

反対側には時計の下にピンイン表やカレンダー等が貼ってあります。

 

 

さてさて、今回の特訓はいつも講師と別の方なので改めてご挨拶をします。

中国語で挨拶できる?っと聞かれましたので一応不慣れな挨拶でトライ。

 

你好  初次见面   我性服部叫服部达也   今后请多多关照

(こんにちわ  初めまして 私は服部達也と申します 今後よろしくお願い致します。)

 

発音が悪いながら通じているとの事でこちらも正しく後ほどレッスンすることに・・・。

 

写真は初日、母音と子音の組み合わせによる発音をレッスン。

日本語と違い中国語は母音が36音、子音21音による組み合わせです。

 

 

レッスン風景。子音に母音の組み合わせでどんどん練習してゆきます。

やってゆくうちに苦手な発音や癖を直してゆきます。

でもね、日本語は母音が5音でしかも単母音ですが中国語は単母音だけで6音、

二重母音から四重母音まであります。二重子音と組み合わせると最長で1文字に

つき6音の発音がつきます。でもこれは慣れれば以外に簡単に言えます。

 

東京の方はいわゆる「zh・ch・sh・r」の発音が言いにくいそうですが

おいらは名古屋生まれなので全く問題なくクリアーできました。

また、lやtの発音もしやすいです。しかし、日本人ならだれでも不得意な

「f」と「h」の発音はかなり苦戦しました。「我很难呀!」(難しいよ!)

 

初日、朝10時から13時まで3時間みっちりやりました。

 

 

渡されたテキストの一部。ピンイン(発音)のほか声調やルールを勉強します。

 

 

これがピンイン表。四重母音はもう一枚あります。母音と子音の組み合わせで大体

400音ほどあります。これに高低アクセントである4声と軽声がありますので

全部で約1600音の発音を正確に覚えなくてはなりません。(理論上ですよ!)

 

少し発音が悪くても(訛りとかありますので)通じる発音もあるけど約1000発音は

出来ないといけません。

 

初日はこの上のピンイン表すべておいら一人で一つ一つレッスンしました。

二日目もこれの復習に四重母音と声調をやりました。

 

 

三日目はピンインで書いた言葉を発音してゆきました。漢字はないので音だけが

たよりです。一日3時間×3日で合計9時間の集中レッスンでした。

「我太累了啊〜!」(とても疲れたよ〜ん!)

 

運よく受講者おいらだけの個人レッスンとなりましたので随分と身に付きました。

 

今回お世話になったスクールはここ。

 

イーチャイナアカデミー池袋校   http://e-chinaikb.jp/

 

池袋駅から徒歩5分ほどにある静かで綺麗な教室です。

講師はもちろんすべて外国人講師。堅苦しい感じは全くありません。

また、初めて中国語を習う人にもおすすめです。

 

勉学は本人のやる気と興味がないと進歩しませんが折角機会を作ったので

頑張って取得したいと思っています。

| atelierpicta | 日記 | 23:33 | - | trackbacks(0) |
久しぶりに友人との夕食。

お盆も最後の今夜、関東地方は台風がやってきます。

このブログを書いている際、もうずいぶんと風が強くなってきました。

 

さて、昨夜は久しぶりに友人と夕食に出かけてきました。

お盆休みは仕事で遊びにも行きませんでしたので久しぶりの台湾人の友人と

外食と相成りました。

 

 

向かった先は時々このブログでも紹介している西武池袋線大泉学園駅北口から

2分ほどにある中華料理「千味餃子」さん。中国人コックが料理する本格的なお店です。

 

 

おいら「真好久不见了〜!」(ほんと久しぶり〜!)友人「真的!」(ホント!)

おいら「那、干杯!」(じゃ、乾杯!)友人「干杯!」(乾杯!)

 

おいら「你要吃什麽菜?」(何が食べたい?)友人「我想吃蝦マヨ!」(蝦マヨ!)

おいら「你说什麽?(なんだって?)またか・・・」

 

 

っつーわけでおいらも好きな「エビマヨ」。いつ食べてもプリプリで美味しい!

どんどん料理を頼みます。

 

 

白身魚の黒コショウあんかけ。真好吃呀!(本当に美味しい!)

 

 

手羽先からあげ。皮がパリっとしてこちらもいけます。

 

 

ちょっと辛口の四川風麻婆豆腐(スーシェンフォンマーポードゥフ)。

全然辛くないよと言ってたけど辛いよ! 「辣的!」(辛い!)

 

 

お店の名前にもなっている名物である餃子(ジャオズ)。皮もモチモチで美味しい。

 

 

今回は結構食べました。とてもご飯まで食べられませんでした。

 

おいら「我吃飽了!」(お腹一杯!)

友人「你可吃得太多了!」(あなた食べ過ぎだよ!)

おいら「你说得对!」(おっしゃるとおり!)

 

さらにこんなサプライズが・・・。

 

 

友人「祝你生日快乐!」(誕生日おめでとう!)。おいら「謝謝」(ありがとう)

一週間早いですが友人からのサプライズでちょっぴり嬉しい夕食でした。

 

「謝謝你的但心」(お心遣い有難う御座いました。)

| atelierpicta | 日記 | 20:27 | - | trackbacks(0) |
夏のピクタ農園早くも終焉。

毎日暑い日が続いています。一昨日から世間はお盆休みになりましたが

おいらは仕事が押しているので(いつもですが)今年もお盆休み関係なく

いつもと変わりなく仕事です。

 

仕事多忙でプライベートブログはほとんど更新できませんでしたが

是非とこちらも頑張ってよ!ってエールを送られましたのでできるだけご期待に

副いたいと思いますが・・・。(汗;)

 

さて、今年も夏のピクタ農園はいつになく頑張って苗を植えましたが

何だか変な天候で思ったほど成果が見られませんでした。

 

 

あと1回分の収穫となったミニトマト。今年は12本の苗を植えましたが

日照不足と気温の低下で期待ほどの成長が見込まれずに苗が終わりになってしまいました。

 

 

トマトもナスも成長がちゃんとしないまま急に猛暑になったので立ち枯れのように

終わってしまいました。ナスに関しては「剪定」をしたので上手く行けば再び成長して

秋ナスに繋げれるかもしれません。

 

 

今年初めて植えてみた「ミョウガ」。成長はまずまずですが今秋に実を付けるのでしょうか?

 

 

甘長ピーマンもなんとなく夏バテ気味?実成りが悪くなりすぐに赤色になります。

 

 

青じそも夏バテ気味。葉が固くなり、葉が大きくなりません。

 

 

随分と経ってから植えた朝顔。こちらは夏の植物らしく成長していますが

お盆明けに遅い開花がありそう。この朝顔は毎年種を採って累代栽培していますので

開花して種が数粒採れればそれでOKです。

 

 

こちらは普通のピーマン。ちょうど収穫時でした。

 

 

上のピーマンと同様に収穫できそうな「パブリカ」。今年も赤色も植えていたのですが

アブラムシにやられてしまいました。

 

 

貴重な採りたての夏野菜を使って料理をします。ちなみに赤いパブリカは

彩りのために買ってきたものです。

 

 

豚カルビと炒めて彩りキレイな炒め物一品に。

 

 

前回も紹介しましたがこちらも今年初めて植えてみた(種からです。)「エンサイ」。

中華料理で出てくる「空芯菜」(コンシンツァイ)がこれです。

Bカロチンを多く含む栄養ある夏野菜です。こんなに簡単ならもっと植えればよかった!

 

 

っで、こちらもニンニクスライスと炒めて一品に。歯ごたえがあってこの野菜は本当に美味しい!

3つめのプランターに蒔いた種も芽が出てきましたので秋口まで料理に使えそうです。

 

9月に入りこれからは「葉モノ」を中心に秋のピクタ農園の準備に入ります。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 23:33 | - | trackbacks(0) |
自家製野菜で料理する。

8月に入り関東では本格的な暑さがやってきました。ただ、大気の状態が

不安定のため急に雨が降ってきたりと困ってしまうことがあります。

 

さてさて、仕事多忙でなかなかプライベートな事までブログ投稿できませんでした。

今日は自家製野菜が収穫できましたので料理を作ってみました。

 

 

6月の下旬、「えんさい」っという種を蒔きました。これはよく中華料理に出てくる

「空芯菜」(コンシンツァイ)って料理に使う食材。一か月ほどでこのくらいの

大きさになりました。

 

 

茎のしっかりと太くなっていましたので早速本日初収穫!!!

この野菜は脇芽からどんどん増えてゆきますので根元の枝を少し残しておくのがコツ。

あとはそこから脇芽がどんどん吹いて株が大きくなるもよう。

 

 

一方で10日ほど時間差をつけておいたプランターも写真のとおりすくすく成長してきました。

種がまだ余っていますのでそろそろ収穫が終わりそうなプランターが空いたら残りの

種を植えてみようと思っています。

 

 

収獲した空芯菜。自分がひとりつまみにするには充分です。

この野菜は栄養価も高く味も良いので初めて育ててみましたが良かったです。

栽培も簡単ですし、長い間収穫も見込めますし、栄養価も高く味も良いのでオススメ!

 

 

では早速なのでサクッと空芯菜のニンニク炒めを作りました。ブツ切りにして

スライスしたニンニクと炒めます。味付けは中華あじの素、オイスターソース、

調味料で味を調えます。コツは空芯菜を炒めすぎないこと。太い芯から炒め始めて

まんべんなく火が通るようにします。素早く味付けして完成!

 

かなり美味しい一品となりました。中華料理屋で頼むと結構高いので自宅だと

かなり嬉しい一品となります。今ならまだ、種を蒔いても間に合いますので

興味ある方は蒔いてみたら如何でしょうか?

| atelierpicta | ピクタ農園 | 22:11 | - | trackbacks(0) |
タマムシが飛んできた!

今日で7月も終わり明日からは8月になります。時間が経つのが早く感じます。

 

さて、今日は雨の予報でしたが晴れ間もあったり不安定な天気でした。

そんな中、今日は珍しいお客さんがピクタ農園にやってきました。

 

 

タマムシです。東京へ来て4回目の夏を今年迎えましたがタマムシと出会うのは

東京では初めてです。名古屋では比較的見かけましたがいるんですね。

 

 

久々に綺麗なモノをみました。タマムシはこの綺麗なものがオスで焦げ茶色の

ものがメスと思っている方もいらっしゃいますが別種です。焦げ茶色はウバタマムシです。

 

 

折角なので我が家にお招きして記念写真を撮りました。

写真の撮り方が良くないのでイマイチ本来の良さが伝わりませんね。

 

 

なんか綺麗なものを見るとなんだか嬉しい気分になりますね。

 

短い一生の虫。撮影後はそっと外に放してやりました。

 

 

話変わって。

 

先日のピクタ農園の続き。

 

 

今年も育てる楽しみのひとつカサブランカも立派に咲きました。

 

 

今年はタイミング良く揃いました。なかな開花時期を合わせるのは難しいです。

夏空にユリの花は良く似合います。今年は夏野菜を一杯植える関係で1鉢しか

植えませんでしたがそれでも十分に愉しませてくれました。

 

 

一杯成ったミニトマトの数々。今年は7種類の苗を植えたのでいろんな味を

楽しめました。でもあと2回ほどの収穫で今年も終わりそうです。

 

 

結構収穫できました。味はそれぞれ持ち味がありますが黄色いヤツが

やはり一番甘かったですね。おいらは育てるのは好きだけど食べるのは

そんなにしないのでほとんど友人に差し上げました。評判も良かったです。

 

さて、来月からは秋のピクタ農園の準備が始まります。

秋物はやはり「葉物」ですね。何を植えるかこれからがとても楽しみです!

| atelierpicta | 日記 | 23:30 | - | trackbacks(0) |
一か月ぶりの更新でした。

梅雨明けした関東地方はやはり暑い夏がやって来ました。

ずっと過ごしやすい日が続いていたのでこれからは暑さ対策をしないと

倒れてしまいそうです。

 

今年はいろいろと立て込んでいましたので気が付くとまる一か月も

ブログ更新していませんでした。なかなか一度怠けてしまうとダメですね。

 

さて、これといってプライベートでは話題がありませんので今年の夏のピクタ農園の

様子をダイジェストにてご覧ください。

 

 

しばらくは順調に成長していたミニトマト群。ちょうど7月に入ったところでしょうか。

 

 

今月中盤の状態。天候不順で実成も少なく実もやや小さかったです。

甘さはどの品種もとても甘くておすそ分けした友人の評価も良かったです。

 

 

今年は不発だったキュウリ。毎年かなりの収穫が見込まれていました今年は

3本しかなりませんでした。なぜか結実(受粉しない)しませんでした。

 

 

ナスは数が少ないもののまずまずの出来でした。今後は剪定して秋ナスのためのん準備を

したいと思っています。

 

 

丸ナスもまずまず成りました。ただ、ちょっとこちらは皮が固かったです。

 

 

結構実が収穫できた伏見とうがらし「甘長ピーマン」。

 

 

こちらは普通のピーマン。植えた直後は「アブラムシ」にやられていましたが

すっかり立ち直りました。しばらくは収穫が見込まれます。

 

 

もうすでに収穫は済んでいますが初めてトライした枝豆。植えたのは茶豆の

品種の「ちゃちゃまる」って品種。スーパーに売っている枝豆とは比べようのない

美味しい味でした。来年は黒豆に挑戦したいですね。

 

 

数年ぶりに植えた「スィートバジル」1本だけですが十分食卓に貢献しました。

 

 

毎年どこからとなく芽が出てくる「青じそ」しかし今年は日照不足あまり成長しません。

 

 

半日陰で良く育つ「ミョウガ」これも初めてトライしてみました。今のところ

順調です。上手く行けば今秋に花ミョウガが収穫できるかもしれません。

 

 

とりあえず収穫できた一部。まあ、これだけ成れば自分が食べる分には充分です。

 

さてさて、そろそろトマトもキュウリも終盤なのでこちらも初めてですが

中国野菜にトライしてみました。

 

 

サツマイモの芽みたいなこれは「エンサイ」。中華料理で良く食べられている

「空芯菜」(コンシンツァイ)。種を蒔いてから5日ほどで芽が出ます。

 

 

あさがお科なので葉がそれっぽいカタチをしています。かなり美味しい野菜で

栄養価も高いのでプランターが空き次第いくつか蒔いてみようと思います。

現在はもう収獲間際まで来ています。

 

後追い日記になってしまいましたが7月はこんな感じで夏のピクタ農園の

様子をご覧いただきました。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 23:33 | - | trackbacks(0) |
久しぶりの鉄友との飲み会その2

ずっと鬱陶しい天気が続いています。今週末からは少しは晴れ間が

出るようですがはてさて・・・。

 

さて、毎年の事ですが夏は特に忙しいです。そんな中鉄友と先週飲み会に

行ってきましたがブログUPするのは一週間後のこと。

リアルタイムで何もできないおいらが情けないですが現状はそんなところ。

7月は一年の内で一番忙しいときでもありますが今年は8月からは少し

ゆっくりとできたらいいなと思っています・・・。

 

では、先週の話で恐縮ですが飲み会の様子を。

 

 

先週の木曜日、この時期としては午後から気持ちよく晴れた日でした。

池袋西口に午後4時に集合して前回も行きました居酒屋「力」さんへ。

 

 

まだ午後4時だと言うのにもうスタートです。メンツは「genta」さんと

「小手指車両工場」さんとおいらの3人で乾杯です。暑いときのビールはまた格別です。

つまみもほどほど・・・っと言うよりむちゃくちゃ頼みました。

 

 

定番の刺身。この時間はお店も暇なので料理も素早く出てきます。

 

 

とんトロ焼き。これなかなか香ばしくて美味しいです。

 

 

キャベツ盛りがまた大きい事大きい事。

 

 

メンチカツ。たまにもこういうのも良いですね。

大食いメンバーなので食べ物はすぐに無くなります。

豚足はおいらはちょっと苦手なので一かじりだけ・・・。

 

ここ辺りで「川口車両製作所」さんが合流していつものロイヤルバトルに・・・。

 

 

つまみも追加して、串盛りと鯖焼きがきました。

 

ここから飲み物も日本酒に変わりいつもの調子で・・・。

 

 

呑むほどに楽しくなってgentaさんはとうとう現実の世界からどこかへ行ったようです。

東武改札口までしっかりと送り届をして(無事に帰れたそうです。)残り3人でまた

ちょいとの見直し。(どんだけ飲むんやねん!)

 

 

取り敢えず総本山にての見直し。軽く〆をして当日はお開きとなりました。

今回はみなさん寝過ごすことなく家路に帰れたそうで安心でした。

次回は暑気払いってことでまた飲みましょうね!!!

 

お疲れ様でした。

| atelierpicta | 日記 | 16:04 | - | trackbacks(0) |
久しぶりの鉄友飲み会。

梅雨空が続く鬱陶しい天気が続いています。あとひと月ほどは我慢だね。

暑い夏もそれはそれで嫌ですがでも天気は晴れた方が良いに決まってます。

 

もう先々週の事になってしまいましたが納品で名古屋へ行ったときに

久しぶりに地元鉄友と飲み会を行ってきました。

 

 

今回の舞台は名古屋栄にある「美波」っていう居酒屋さん。以前にも登場しています。

 

 

それでは久しぶりに乾杯!本当はもう少しメンバーが集まる予定でしたが

個々の諸事情で来られなくなったとの事。ちょっと残念ではありましたが

 

 

まずは刺身ですね。おいらは先月刺身で食中毒を起こしたのでちょっと

警戒気味でしたが少し頂きました。まだ、免疫は完全ではありません。

 

 

腹に溜まるものからという事でジャーマンポテト。カリっとして美味しい。

 

 

やはり串もの。

 

 

鉄板焼きウインナー。これもなかなか美味しいです。

 

 

同じくサイコロステーキ。

 

 

おいらはやはりさっぱりしたものが良いとオニオンスライスをチョイス。

 

 

地鶏焼き。柚子胡椒で頂きます。香ばしくておいしい。

 

 

あさりの酒蒸し焼きも。地元のアサリが嬉しい。

 

結構頂きましたが最後はコレ。

 

 

〆のおにぎり。久々の赤だしにおいらもニンマリですお腹一杯!

 

今回も飲み会の設定をして頂きましたO氏に厚くお礼申し上げます。

皆さん、また飲みましょうね!お疲れ様でした。

 

さて、今回は飲み会があったので久しぶりに名古屋に宿泊しました。

呑み処が栄でしたので宿も栄にしましたがなぜかこの日は以上に宿泊費が

高かったです。小市民ですからスィートに泊まるわけにもいきませんね!

 

 

折角なんで酔い覚ましにフラッとホテルまで歩きました。これが有名な

サンシャイン栄(パチ屋)の大観覧車。西野カナちゃんの歌にも出来きますね。

 

 

そして名古屋のシンボル?でもあります名古屋TV搭。こちらも半年ぶりの

ご対面?でした。

 

当日の夜はまだ寒いくらいで恐ろしい暑さの名古屋は感じませんでした。

| atelierpicta | 日記 | 15:05 | - | trackbacks(0) |
待望のサンセット産仔する。
今日は梅雨入りしてから初めての良い天気でした。明日も良さそうです。
気温も上がり、湿度も感じるようになり蒸し暑く感じました。

さて、久々ですが今日は熱帯魚の話です。
本日待望のサンセットグッピーが産仔しました。

今密かに人気のサンセット・グッピーですがこれがまた繁殖が難しいです。
それでは写真をご覧い頂きながら説明をしてゆきましょう。



写真はサンセット・プラチナネオンタキシードです。元親のオスはサンセットと
ネオンタキシードの交配から生まれたサンセット・プラチナネオンタキシードのオスに
我が家のアクアマリンネオンタキシードのメスを掛け合わせたF1のオスです。

一緒にいるメスはアクアマリンネオンタキシード(RREヘテロ)にかけわせていました。
4匹のオスと掛け合わす事2月以上経ってやっと掛かりました。



写真は上のもう一匹のメスです。このメスもアクアマリン系のネオンメスですが
背びれの後ろにわずかなアクアマリンの発色が見られます。このメスと同胎の
アルビノオスからはアクアマリンの体色が欠落しているものが発生していて
もしかしたらアクアマリンがY染色体からX染色体に転座してしまったかもしれません。

大きなお腹で子供の誕生が期待していましたが・・・。



結果はトホホ状態です。2月以上も経ってやっと掛かったと思ったら半分以上が
流産です。このブログを書いている時点でまだ産仔中ですが・・・。

サンセットのこの品種は非常に飼育は難しいです。まず掛かりません!!!
ワンペアーで繁殖させられたらよほど運が良いと思います。

もう一腹掛かっているのでもう一匹に期待です。ちなみにこのメスからはゴールデンが
1匹誕生しています。このメス自体はアルビノヘテロですが今回はアルビノは
誕生しませんでした。この子供の半分はアルビノ・ヘテロになります。



こちらは上記ネオンと同胎のレッドテールタキシード表現のオス。上の
アルビノメスはこのオスの兄弟にあたります。

体格も良く背びれも大きくのですがもう少しヒレの赤さを強調したいところ。



っで、上の写真の同胎のメスが産んだもの。同じく半分以上流産でした。
こちらも2か月以上一緒にしてやっと掛かったのもつかの間このような結果でした。
こちらもアルビノは出ませんでしたがゴールデンは数匹誕生しています。



こちらは上のネオンやレッドと同胎のアルビノタイプです。普通種ですら
なかなか掛からなくて大変ですが3匹のアルビノで何とか交配にトライしましたが
運が良いのか掛かりました。それもリボンメスに。このリボンもアクアマリン系の
ネオンメスですがRREヘテロなので期待も最高潮に高まります。
写真左側のオスにアクアマリンの発色があります。オスにプラチナを使用しているので
メス側から(Xから)何らかの影響があったとしか考えられません。

このオスにアクアマリン系ネオンタキシードとシンガーブルー系ネオンタキシードの
両面から交配して成績の良い方を進めてゆきます。



こちらは一番上に載せたサンセット・プラチナネオンタキシードのF1オスと
元親のアクアマリン系ネオンタキシードのメスをバッククロスさせたF2です。

昨年プラチナネオンタキシードを確立させたときの要領でバッククロスさせましたが
結果は上々です。写真のとおりオスの尾びれの青さが深まってきました。また、
F1は少し猫背なところが気になっていましたがF2ではそれが改善されています。
この中から良さそうなサンセットオスを選んで再びF1と交配したメスに再度交配して
結果を見ようと思っています。



上記同胎のメス群。2腹約120匹ほど産仔したうち選別したもので
約50ペアーほど得ることが出来ました。これだけいれば何とか次に繋げられると
思います。このようにサンセットは数がある程度いないと繁殖はかなり難しいです。



さて、こちらは「ブルートパーズ」ことRREアクアマリンネオンタキシード。
非常に人気のあるアルビノ種ですが最近形態が崩れてしまったので昨年から
立て直しに力を入れていたもののひとつ。随分と良くなってきました。

背びれも大きくなり尾筒の発色もまずまずです。欲を言いますともう少し尾びれに
青みを持たせたいところ。ショップの勧めでシンガーブルー系のネオンタキシードのメス
(嬉しいことにアルビノヘテロ)を頂いたのでこちらも交配して深みのある青い尾の
サカナを作出してゆこうと思います。



最後は上の一連のサンセットやネオン系の品種とは別の品種。
今年の3月23日のブログに投稿したRREフルレッド系のF2です。

見かけ同じRREアルビノなのに遺伝子が違ったらしく普通種が誕生したプラチナ
レッドテールタキシードのオス(アルビノ複合個体)とRREフルレッドのメスと
交配して誕生したもの。従って同胎からは普通種とアルビノが半々に生まれましたが
そのアルビノ種だけを追いかけています。見かけ普通のRREアルビノですが
裏側にもう一つのアルビノ遺伝子が隠れています。(普通種と交配すると分離する)

フルレッドのメスを血を引いていますので赤色が非常に綺麗でさらにメスが
スーパードーサルだったのでオスの背びれが大きいしプラチナの発色も良いです。
また、ほっぺに赤いアクセントがあって金魚みたいでおいらは大変気に入っています。

こちらも同胎で交配してF3を採ってみようと思いますがさてどんな表現をして
くれるのか楽しみですね。フルレッドの影響で今度はゴールデンも誕生するかもしれません。



上記RREプラチナレッドを産んだ元親のメス。写真からしてわかると思いますが
フルレッドのメスとしては最高です。背びれも相当デカイです。尾びれの綺麗な
赤の発色もこのメスの影響でしょうか?

写真ではサンセット・プラチナレッドテールタキシードオスを交配していますが
なかなか掛かりません。2匹残っていますので1匹は上のF2の子供と戻し交配も
思案中です。いずれにしてもこちらもサンセットタイプの作出を目指します。
| atelierpicta | 熱帯魚 | 20:27 | - | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ