プライベートブログ
秋のピクタ農園順調です。

10月に入って来週には早くも後半、そして明日からは長雨と気温が

下がって寒くなるようです。本当に秋を感じますね。

 

さて、仕事多忙でブログ更新はなかなか出来ませんでした。

先月に続き今秋のピクタ農園も順調です。

 

 

9月初旬に植えた「リーフレタス」の苗。すっかり大きくなりました。

苗を3本しか植えませんでしたが写真のように成長しすぎて毎日サラダに使っても

食べきれません。気温が高い日があったので少し「トウ立ち」し始めているので

そろそろ全部収穫しないといけないかも?

 

 

9月中旬に蒔いた赤い大根。2回目の間引きも終わって段々大きくなってきました。

 

 

こちらは「辛味ダイコン」。薬味用なのでサラダや煮物には向きませんがこれからは

新蕎麦が出るのでそのわき役に良いかもしれません。成長はミニ大根なのか赤い大根より

成長が早いです。

 

 

こちらは「カブ」。種が小さいのですが同じ日に種を蒔いたのにダイコンと成長が

同じくらいです。こちらは3回目の間引きをしました。

 

 

こちらは「ラディッシュ」。成長はいいんですが根が太ってきません。もしかしたら

元肥が多かったかも。(元肥が多いと成長しますが根が太らない事があります。)

 

 

かぶの根本を見てみる。前回土寄せしたので根は張っていると思います。まだ間隔が

狭いのであと一回間引きをしないとダメかも。

 

 

こちらは辛味ダイコン。同様にしてもう一回間引きが必要ですね。

 

 

皮肉にも放置してあったナスの苗が復活してきました。ツボミも持っていますが

これからの寒さで枯れます。なかなか上手くゆかないものですね。

 


ピーマンも最後の収穫とか言いつつ実がなったものですからもう一回収穫を伸ばしますか。

 

 

青じそは種採り待ち。早く種を採らないと次に植える「フリージア」の鉢が足りない!

 

 

この芽は「タアサイ」。移植を嫌わない植物なのでポットで苗を育てておいて後から

プランターに植え替えます。なんでもホウレンソウより栄養価も高いとか。

極寒でも成長するんだとかで真冬の貴重な料理アイテムになるかもしれない。

 

 

 

間引きの終わった今回農園の全貌。秋にこんなに「葉物」を植えたのは初めてです。

11月中旬には収穫が始まります。食べられるものだけにちょっと嬉しい。

 

 

2便目の「ラディッシュ」も芽が出てきました。前回と2週間違いで種まきをしましたが

気温が下がって随分と差が出てしまいました。

 

 

こちらは「辛味ダイコン」の2便目。1鉢で5、6本くらい収穫が見込めそうです。

間引きした双葉はサラダに使えるのでなかなか重宝です。

 

これからはまだ「チューリップ」や「フリージア」の球根も植えなければなりません。

仕事が落ち着いたらゆっくりやろうと思っています。それにしても今秋はプランターが

足りない!どうしよう・・・。

 

| atelierpicta | ピクタ農園 | 23:55 | - | trackbacks(0) |
自家栽培でサラダを作るゥ〜。

昨夜からの雨も上がり晴れ間が指してきました。明日からはまた晴れるみたい。

 

先日から秋のピクタ農園を開始しましたが早くも初収穫が始まりました。

秋の家庭栽培は「葉物」中心なのですぐに収穫が見込めます。

 

 

彩りが鮮やかなグリーンリーフレタスとレッドリーフレタス。思ったより早く成長し始めた

ので外葉から収穫することにしました。

 

 

プランター一杯に広がった「ラディッシュ」の苗。込み合っていると根太りませんので

間引きをしなくてはなりません。

 

 

こちらは「カブ」。種が小さいので双葉も小さいですが発芽率が良くてたくさん芽が

出ています。当然こちらも間引きをします。

 

 

こちらは「もみじスティック」という赤いミニ大根。辛味がなくどちらかというとサラダ

向けの品種。根の中も赤いので彩には良いみたい。種の値段も高く量も少ないので

間引きはもう少し様子見かな。

 

 

こちらは先ほどのダイコンと違って「辛味ダイコン」。水分が少なくて辛味の強い薬味

向けのダイコン。こちらもかなり発芽が良くて間引きを敢行。

 

 

ちょっとピンボケしちゃいましたがラディッシュの苗です。約3分の一ほど間引きを

行いました。大体成長に合わせて3回ほど間引きを繰り返して収穫に備えます。

 

 

こちらも間引きを終えたカブ。かなり間引いちゃいました。

 

 

間引いたそれぞれの苗。こちらは綺麗に洗ってサラダに活用します。

 

 

涼しくなってから元気がだんだんなくなってきたピーマン。実はなりますがなかなか大きく

なりません。肥料はあげていますが日照と気温が影響しているのでしょうか?

今成っている実を収穫したら今年は終了です。

 


切り戻しをした「ナス」。セオリーとおりお盆前に切り戻し(剪定)をしたのですが

今年は夏の気温が低かったせいか成長したものの苗に活気がありません。花も生気が

なく結実(実が成る事)しそうにもありません。

 

 

昨年植えた「ミョウガ」ですが今年も花のつぼみが出始めました。ミョウガはこの

花のつぼみを食べます。花が咲いてしまうと味が落ちますのでつぼみの固いうちに

収穫します。鉢の周囲に副って芽が出来ています。ちなみにミョウガを食べ過ぎると

ボケると言われますが科学的な証拠がなく俗信です。

 

さて、今夜はこの野菜を使って一品作りますかね。

 

 

冷蔵庫にあったキャベツとキュウリを加えてツナ・グリーンサラダを作りました。

お金掛からないし、採り立てが嬉しいです。

 

 

今月初め、所用で名古屋へ行ったときに泊まった「アパホテル」のキャンペーンで頂いた

人気(らしい)のレトルトカレー。パッケージの社長の写真がちょっと怖いけど

お味は食べた方の96%が美味しいと絶賛されたそうです。

早速味見をしましたが確かに美味しいです。たまにはレトルトカレーもいいもんですね。

 

今夜はちょっと早めに食事をして仕事に勤しむ事にします。

 

| atelierpicta | ピクタ農園 | 18:55 | - | trackbacks(0) |
秋のピクタ農園進んでいます。

折角の3連休なのに無情にも台風が来て台無しになりそうです。

各地で被害も出ていますので早々に立ち去って欲しいところですね。

 

さて、先日より秋のピクタ農園をスタートさせましたが早くも

動きが出てきました。

 

 

前回のブログ(9月13日投稿)に今年度の種まきをしました。写真はカブの種ですが

他にも何種類かのタイコン等の種を蒔いておきました。

写真のかぶの種が青いのは防腐剤がコーティングされているからです。

 

 

種まきは「粒蒔き(点蒔き)」、「バラ蒔き」、「スジ蒔き」の3つの基本蒔きが

ありますがダイコンやかぶは写真のように線状に蒔く「スジ蒔き」をやります。

ラディシュやホウレンソウなど葉物は「バラ蒔き」をよくします。

 

 

今回初めて植える「リーフレタス」もポットからプランターに定植しました。

早ければ来月上旬には収穫が始まりそうです。

 

種まきしてから今日で3日目。台風が来ているので軒下に入れようとベランダに

出てみるともう発芽しているじゃありませんか!

 

 

写真は辛味ダイコン。これから薬味にたっぷり使えるダイコンが実りそうです。

 

 

こちらはかぶの発芽。なかなか幸先よいスタートみたい。収穫まで約50日ほどかかりますが

冬が来る前に何だか今から楽しみです。

 

 

全体的にこんな感じ。来週にはどんどん発芽して緑のジュータンのようになりそうです。

 

 

お盆前に剪定したナス。このところ低温が続いて成長がちょっと心配です。

 

 

こちらは剪定直後のナス。ご覧のとおり丸坊主でした。

 

 

ピーマン。盛夏時と違って苗に勢いが見えなくなってきましたが追肥をしたので

今月いっぱいくらいは収穫があるかと思います。今年は随分と活躍してくれました。

 

 

例年になく今年は低温の夏のせいか頑張ってくれた青じそ。さずがにもう無理の様です。

シソ穂も咲き出していよいよ終了です。あとは種採り作業を待つのみです。

 

さて、今年も楽しませてくれた夏のピクタ農園。毎年のことではありますが存分に楽しめました。

これからは秋の舞台に移ってまたいろいろと栽培してみようと思っています。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 22:34 | - | trackbacks(0) |
秋のピクタ農園が始まるゥ〜。

今年の夏は家庭内、仕事上の事が重なりずっと忙しい日々が続いておりました。

9月に入り2週目の今週からやっと落ち着いて生活ができるようになりました。

そのせいもあってこちらのブログはなかなか更新まで手が回りませんでした。

 

さて、毎年楽しんでいました夏のピクタ農園も終焉を迎え、これからは

秋のピクタ農園に入ろうとしています。

 

ここからは夏の間楽しませてくれた夏のピクタ農園の様子です。

 

 

全盛のミニトマト。今年も10本苗を植えましたが今年度に収穫したトマトは累計で

500個を超えました。多くの方に差し上げて大変喜んでいただきました。

 

 

こちらは上記トマトの黄色種。こちらはまた一段と糖度があり甘くておいしかったです。

今年の夏は7月に気温が急に暑くなったんで成長が早くから止まりお盆まで収穫が

見込めませんでした。

 

 

タカノツメ。毎年赤くなってから収穫することが多かったのですが同時に植えていた

「空心菜」の料理に使うためどんどん収穫していたら保存用の分がなくなってしまった。

 

 

昨年に引き続いて今年も種を蒔いたエンツァイ「空心菜」。この野菜は本当に簡単で

肥料と水をやっておけば虫もほとんどつかないし、食べてもおいしい野菜なので重宝しました。

9月も暑い日が続けば10月初旬まで収穫が見込めます。

 

 

自家製の「空心菜」と「タカノツメ」を使用してニンニクと炒めた一品。

栄養価もあって食感良くて本当においしい野菜です。

 

 

こちらはエダマメですが品種は「丹波黒豆」。普通のエダマメより味が濃くて

薄っすらと黒い実が特徴。実は完熟すれば真っ黒になります。一般的にはスーパーには

並ばないのでおすそ分けした飲み仲間からは絶賛されました。

 

ここからは現在の様子。

 

 

あれほど活性を見せていたミニトマトやキュウリも収穫を終えてベランダは

さっぱりした状況になっています。手前のナスは8月上旬に「剪定」を

行いましたので8月中に新芽が吹いて6月頃みたいに活性化してきました。

 

 

ナスは7月までは旺盛ですがさすがに苗が疲れてきて実成りも悪くなって普通はこれで

枯れてしまいます。そこでお盆前に剪定をすることで苗が吹き返します。

 

 

青じそ。普通収穫は7月までで終了になりますが日陰に置いていたものは若干葉が固くは

なりましたがまだまだ料理に使えそうです。

 

 

こちらはピーマン。プランターに2苗植えましたが今年は随分と活躍してくれました。

まだまだ実が成っており、10月上旬まで収穫できそう。

 

 

こちらは「ミョウガ」。昨年も収穫できましたが今年は早くから花芽が出ていますので

しばらくは料理の薬味に使えそうです。

 

 

野菜ではありませんが8年前に友人からもらったアサガオの種。今年も綺麗なピンク色の

花を咲かせてくれました。すでに種が出来ていますので次年度に繋げることができますね。

 

ここからは秋のピクタ農園の準備。

 

 

秋のピクタ農園は半分は来春にさくチューリップと野菜作りが中心。今年度はいろいろな

モノに挑戦しようと思っていましたのでまずはレタス(リーフレタス)を植えてみることに。

サラダ用にグリーンとレッドの2種を植えてみることにします。

 

 

秋は「葉物」の野菜が中心になります。ナス科や豆科の野菜と違って連作障害が起きにくい

ので安心して植えることができます。今年は毎年植えている20日ダイコンのほか

ミニ大根やカブ、鍋や炒めものに美味しいとされる「タアサイ」を植える事にします。

 

そろそろ気温も下がってきて発芽し易い環境になってきましたので早速種まきして

見ようと思っています。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 13:16 | - | trackbacks(0) |
茄子三昧ィ〜。

昨夜は予報通り台風がやってきましたね。おいらの住むところでも

結構な雨が降りました。今年の梅雨は降雨が少ないみたいですが

やはり一度に降ると災害が起きます。何とか加減できないのですかね。

 

さて、今年も例年通り夏野菜を中心に栽培をしているピクタ農園ですが

今日もこのネタでいきます。ほかにこれっというトピックスもないものですから。

 

家庭菜園でおいらが一番苦手なのは「ナス」なんです。実際には難易度は

それほど高くはないのですがおいらとは相性が悪くてなかなか上手くゆきません。

しかし、それを超えることで何かが見えてくるのは何のことでもそうなので

今年は気合を入れてナスの栽培をネットで見ながら自分なりに勉強しました。

 

 

その結果、今年初めて写真のとおり立派な苗に成長してゆきました。苦手意識があるもの

ですから余計にダメだったのかもしれません。仕事の合間に面倒をみていましたが

手をかけた分、植物は答えてくれたみたいです。今年は計3本のナスの苗を植えましたが

すべて問題なく成長しています。

 

 

今年のナスの苗は賀茂ナス系の丸ナスの仲間を2種、あとは定番の普通のナスの苗を

植えました。写真は丸ナス種の品種で栽培元であるサントリー社が本気野菜とか

商品名にしている「とろとろナス」って品種。丸ナスで非常に大きくなります。

おいらの手と比較して大きさがお判り頂けると思います。実がギュっと締まっていて

なのに皮はとても柔らかいのが特徴です。なので食すとき皮が気になりません。

 

 

こちらも丸ナスの一種。同じくサントリー社から販売になっている本気野菜である

「クリーミーナス」って品種。上のナスは炒め物によく合い、このナスは煮物料理に

よく合うとのことです。こちらもかなり大きい実がなりました。

 

 

早速収穫します。大きさは写真のとおり。一般のピーマンや貨幣と比較してかなり

大きいのが判ると思います。このナスは炒めものによく合い、火を通すと皮まで

とろとろになり口に残りません。

 

 

こちらはクリーミーナス。煮物等に最適だそうです。煮びたしがよさそうです。

どちらも丸ナスはスーパーでは結構値段がします。大体1個¥300ほど。

なので2個以上収穫できればもとは取れます。いやらしい話ですがやはり元は心情として

取りたいですね(笑)。

 

 

早速料理しました。最近は太る事を気にして野菜中心の料理が多くなってきています。

写真は豆腐サラダに先ほどの炒め用なすを用いてナス味噌炒め(醤爆茄子=ジャンボー

チエズ)を作りました。ソースは面倒なのでCCDを使いました。

 

 

一方でもう一つのナスは定番の煮びたしと天ぷらにしました。煮びたしは素揚げして

だし汁に付けてサッと煮ます。あとは卸し大根とお好みで鷹の爪を1かけ入れます。

天ぷらもシイタケがありましたので一緒にサクッと揚げて頂くことに・・・。

 

 

久々に作ったナスの煮びたし。写真の通り彩もよく食をそそります。

手間をかけて育てたモノへのご褒美でしょうか?最後まで美味しく頂くことが出来ました。

 

夏のピクタ農園はこれからが本番。茄子をはじめ、キュウリやトマトがたくさん実を付けて

します。やはり人間である以上食べ物はとてもありがたいものです。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 15:11 | - | trackbacks(0) |
夏のピクタ農園いよいよ収穫始まるゥ。

今日からとうとう7月になってしまいました。ここ数日梅雨空で蒸し暑かった

ですが今日は比較的ひんやりして過ごしやすいです。

 

さて、仕事多忙でなかなかこれといったトピックスがないので

今回もピクタ農園の話題になってしまいました。

 

 

広いベランダで夏は野菜を中心に栽培しています。写真は向かって右側。

手前からナス、ミニトマト、キュウリの順に育てています。さらに右側には大葉と

ミョウガを植えています。ミョウガは今年で2年目になりますのでたぶん今月から

収穫(ミョウガの花が咲く)ができると期待しています。

 

 

変わってこちらは向かって左側。やはりミニトマトと挟んでカサブランカが育ってきました。

左側にはピーマンを植えてあります。

 

 

かなり大きくなってツボミも育ってきたカサブランカ。毎年秋に球根を植えて育てて

いますがさて今年もちゃんと咲いてくれるのかしら。

 

 

カサブランカの後ろ側にあるエアコンの室外機の上にはピーマンのプランターがあります。

例年ですと「パブリカ」を植えていましたがやはり収穫まで時間が掛かるので今年からは

ピーマンにしました。2本苗を植えましたので写真のようにそろそろ料理に使えそうです。

 

 

同じくピーマンの仲間で「万願寺トウガラシ」(甘長ピーマン)を今年も植えてみました。

結構実成りもよいので今日は収穫してお昼の「おかず」にすることに・・・。

 

 

トウガラシと名前がついているので辛いと思われますがそんなことはありません。

カタチが細長いだけでピーマンとほとんど味は変わりません。どちらかというと夜の酒の

つまみの方が合いそうです。

 

 

5月中旬に最初に植えたミニトマトの「ベーリートマト」名前の通り結構甘いです。

さくらんぼみたいに可愛いカタチが特徴の品種です。ひと房の実成りも結構あって

いい感じです。

 

 

ちょっとUPで。熟した実の赤色も濃くてとても甘いです。鑑賞としても良いです。

 

 

ミニトマトの苗はいろいろな品種を合わせて全部で10本植えましたのでこれからが

非常に楽しみです。すでに結実(実が成る事)したものが300粒以上ありますので

今月からは毎日食べられます。

 

 

黄色い品種のリコピン。今年は定番の赤い「アイコ」の苗は入手でいましたが黄色い

苗が入手できなかったので今年はこの品種にしました。高カロチンで甘いみたい。

そろそろ収穫できそうです。

 

 

こちらはキュウリ。毎年定番の夏すずみを植えていましたが今年は「Vロード」という

多収穫系のものを植えてみました。病気にも強く雌花も結構咲くので今年は期待できそう。

 

 

キュウリの雌花は写真のようにすでにツルの元からキュウリのカタチをしています。

キュウリは単殖成熟しますので雄花による受粉はする必要はありません。

もう今年苗を植えてから40日ほど経ちますがすでに5本収穫をしています。

まだまだ雌花のツボミが出来ていますのでかなり今年は期待できそうです。

 

 

大葉。去年は3本の苗を育てましたがお友達の評判も良かったので今年は10本の苗を

育てています。我が家の大葉は毎年種がこぼれて勝手に芽が出てくるのであとは

それを必要に応じて育てるだけです。日差しが強いと葉が固くなってしまいますので

半日陰にて育てるとそれほど葉が固くならず使いやすいと思います。

 

 

最後は昨年とても重宝してくれた夏野菜の「エンツァイ」(空心菜)。

中華料理店でよく食べられます。でも注文すると結構高いんですよね。

プランターに種直蒔きで簡単に栽培できます。そろそろ一回目の剪定が必要になって

きました。剪定することで脇芽がどんどん増えて苗が育ってゆきます。

この空心菜は非常に栄養価も高いし、味も良いのでお勧めの家庭菜園です。

 

 

っというわけで今年も順調なスタートとなった夏のピクタ農園ですが今年度は

特に仕事が忙しくて家にいる機会が多いのでますます農園の手入れが良くなって

皮肉にも野菜が育つ環境が整いそうです。本当は外に遊びに行きたいのですが・・・。

 

ああ今年こそアユ釣り・・・。行きたい・・・。マジで!

| atelierpicta | ピクタ農園 | 17:04 | - | trackbacks(0) |
今年の夏のピクタ農園順調です。

昨日までしばらく続いていた晴れ間も今日からはまた梅雨空になりました。

湿度も高く蒸し暑いですね。今週からはしばらく梅雨空みたい。

 

先日パソコンの故障で環境が整うまでバタバアしていましたがやっと

使えなれてきて久々の更新です。仕事も溜まっているのでなかなか手が

まわりませんでした。

 

さて、今年も5月末と6月初めにいつも通り夏のピクタ農園をスタートしましたが

今のところ順調なスタートです。今年は特に仕事が忙しくて家にこもっている分、

植物の世話をできるようになったのかと思っています。

 

現在の我が家のベランダ農園の様子。

 

 

おいらの家のベランダは2間続きの広いベランダではありますが写真のとおり

通以外はびっちり野菜を植えています。毎年収穫を楽しみにしている友人が

いてミニトマトを中心にいろいろやっています。(入口より向かって右側)

 

 

入口より向かって左側にも植えています。写真では見えませんが左側のエアコン室外機の

上にもピーマンのプランターがあります。

 

 

やはり夏のピクタ農園の主力はやはりミニトマト。ぐんぐん成長しております。

前回の日記から2週間くらいでもう支柱立てが必要となりました。

 

 

ミニトマトは成長と共に枝葉から生えてくる「脇芽」の処理がおもな作業の一つです。

葉が込み入って風通しが悪くなると病気に罹りやすくなります。茎の下葉も地面に着くと

虫が這いあがってきたりしますので必ず下葉が地面に着かないようにカットしてゆきます。

 

 

トマトは下段から結実(実が成る事)してゆきます。トマトの栽培は茎を一本立てに

するのがプランターではセオリーですが慣れてくれば2本立てにして収穫を増やします。

その場合、主幹は花房(実が成っている部分)が4段くらい、2本目の枝には3段くらい

で摘芯=てきしん(芽をカットして成長を止めること)すればあとは栄養を実の方へ

ゆくようにします。

 

写真は最初の5月26日に植えた実がハート型になる「ベリートマト」。

上の写真は5日くらい前に撮影しましたので現在は早くも赤くなり始めています。

 

 

こちらはキュウリ。毎年人気の夏すずみを植えてきましたが昨年四川系のキュウリを

植えて失敗(つるボケして実が成らなかった)したので今年度は「Vロード」って品種を

植えることにしました。この品種も成長がとても速いです。苗を植えてから1か月も

しないうちにツルが1メートルを超えます。

 

 

しかも早くも雌花が開花してすぐに収穫が出来そうです。キュウリは雄花・雌花が

別々に咲きますがキュウリは「単殖結実」(雄花により受粉が必要ない)で実を付けますので

受粉させる必要はありません。雄花はここではただのお飾りに過ぎません。

 

開花して結実さえすれば一週間ほどで収穫になります。もうすでに大きくなっていますので

明日くらいには第一回目の収穫ができそうです。

 

 

こちらは「エンツァイ」。中華料理店でよく食べられる「空心菜」(コンシンツァイ)

がこれです。昨年から植えてみましたがことのほか簡単でしたので今年度は早くから

種を植えてみました。梅雨明けからどんどん収穫が見込めそうです。

 

 

こちらはピーマン。定番の「京鈴」という品種を植えてみました。毎年いつもならピーマン

と並行して「パブリカ」を植えるのですが収穫まで時間が掛かりすぎ。また昨年は台風で

茎が折れてしまったりアブラムシの猛攻にあって挫折したりしたので今年度はピーマンだけに

しました。実成りも多くて今年は期待ができそうです。

 

 

今年もおいらの一番苦手なナスも植えてみました。ナスの栽培は難しくはないのですが

非常に相性が悪くてなかなか納得のゆく栽培をしたことがありません。

 

今年こそは極めたいと思い、定番の千両ナス系をやめて丸ナス系の苗をチョイスしました。

サントリーは本気でやっているとかの揚げ物用と炒め用の2種をトライ。

6月初旬に苗を植えてから開花・結実をしましたので注意深く観察をしていました。

 

 

サントリーの品種名「とろとろ炒めナス」っていう品種。艶もあまりなくて硬そう。

しかも「一番果」なので早々にカットしようと思っていました成長もしてるので

少し様子をみてからカットすることにしました。通常は早めにカット(摘果という)して

苗の成長を促すのですが今年は初めての品種ということで様子を見ていました。

 

 

昨夜ちょうど夕ご飯に麻婆豆腐を作ることにしましたのでこれに入れて麻婆豆腐&

麻婆茄子にしてみました。見た目もアクセントがついて美味しそうです。

 

っで、このナスの試食の結果はずばり「超美味しい!」かったです。品種名のとおり

口にとろけるくらい柔らかい皮でまったく皮が気になりません。また実も濃厚で

こんな美味しいナスは本当に久しぶりです。昨年はこのナスの苗を躊躇しているうちに

売り切れとなって入手できませんでしたのでこの人気さを改めて感じました。

今年は同じサントリーから出ている揚げナス用の「クリーミーナス」も植えてみましたので

あと数日で収穫できそうな別のナスも堪能してみたいと思っています。

 

 

昨日まで天気が良かったものですから今年春までいっぱいに咲いた「フリージア」の

球根の掘り起こしをすることにしました。花が咲き終えて球根が成長すると茎が枯れます。

これを目安に球根の掘り起こしを行います。

 

 

ご覧の通りいっぱ収穫が出来ました。このフリージアは累代栽培で今年度で12年目を

迎えました。最初購入した球根はたったの10粒でしたが今では毎年100球以上の

球根を手にすることができます。この後綺麗に洗って消毒したら日陰に干して乾燥させ

風通しの良いところに夏の間保存します。10月も中旬になって涼しくなると夏眠から

覚めて芽が出てきますのでこのタイミングで鉢やプランターに植えつけます。

 

なんだかんだって今年も始まった夏のピクタ農園は順調にゆきそうです。(だと良いけど・・・)

 

| atelierpicta | ピクタ農園 | 12:28 | - | trackbacks(0) |
夏のピクタ農園PART2

6月に入りもう2週目。不安定な天気やすっきりしない様子から

まもなく入梅が近い事を感じます。まだ湿度が低く過ごしやすいのが

救いですか。

 

先日にもお知らせしましたがこのブログ等でも活躍してくれた我が家のパソコン。

いよいよダメになりそうで、昨日新しいものを買ってきました。

しかし、データ転送などが必要ですがこのパソコンから上手くデータ移行が

出来そうにもなく専門業者さんにお願いする事にしました。

 

従って今日の夕方からパソコンが使えなくなりますので向こう一週間ほど

ブログ更新はもちろんの事、Eメールでも返答もできなくなりますので

しばらくの間ご了承下さいませ。

 

 

さて、話変わって今夏のピクタ農園のPART−2です。まだ、プランターに

空きがありましたので追加で夏野菜の苗を買ってきました。

 

 

前回キュウリとピーマンの苗が入手できませんでしたので今回はこれを中心に買ってきました。

あともう少しミニトマトを追加しました。

 

 

前回良い苗が入手できず今回は「Vロード」なるものをチョイス。毎年定番の苗である

「夏すずみ」等を植えるのですが少し飽きて来ましたのでこれにしました。

昨年も変わりダネとして四川系の「シャキット」を植えてみましたが見事に「ツルボケ」して

実がなりませんでした。なので今年はこれを植えてみます。

 

 

毎年ピーマンは1本植えていますが収穫に時間がかかるパブリカをやめて今年はピーマンを

2本植えることにしました。

 

 

前回入手できなかったミニトマトの「アイコ」こちらは人気品種なのでタイミングが

悪いと入手できなかったりします。今回は大苗をゲット。これでトマトもたくさん取れそう。

 

 

前回の時に買った枝豆の種を植えておきましたので写真のとおり苗が出来上がってきました。

こちらもプランターに移植してゆきます。

 

 

前回購入したミニトマトの苗はもうかなり大きくなってきています。花も咲いていますので

結実して40日ほどで収穫が見込まれそうです。

 

 

同じくミニトマトこちらは開花が早かったのですでに結実してハート型の実がなっています。

 

 

こちらも前回購入したナス。随分と大きくなりました。今年度はちょっと期待が持てそう。

 

 

毎年勝手に生えてくる「青じそ」。今年度はリクエストに応えて少し多めに苗を残したので

かなりおすそ分けができそうです。

 

 

今年度の「夏イチゴ」。1鉢ダメにしてしまいましたが今年は実が少ない分大き実が

なりました。このくらい大きいと食べごたえがありますね。

 

っと言うわけで今年の夏のピクタ農園もスタートしましたがさて、収穫は如何に・・・。

 

 

冒頭お知らせしましたとおり今日から一週間ほどパソコンをメンテに出して環境を変えますので

ご連絡が出来ない事を予め了承下さいませ。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 16:12 | - | trackbacks(0) |
夏のピクタ農園始まる。

5月も間もなく終わり、いよいよ鬱陶しい季節到来ですね。

 

さて、仕事が非常に多忙でクタクタの毎日、さらにパソコンまでが

非常に具合が悪くて更新どころではありませんでした。

今日は何故かご機嫌が良いので久々に更新ができました。

 

さて、今年もいつものように夏のピクタ農園が始まりました。

夏の農園は主に野菜を中心にやっています。

毎年植える苗はどれにするか楽しみのひとつではあります。

 

 

まずは肥料や防虫剤を始め、昨年豊作で楽しめた「エンツァイ」(空芯菜)と今年は

枝豆を種から挑戦しようと思います。

 

 

一陣としていつものようにナスやミニトマトの苗を買ってきました。

 

 

毎年評判がよいミニトマトから。今年はなんでもハート型になるものを買ってきました。

 

 

今年度はちょっと品種を変えて高リコピンなるものをチョイス。GW明けなので人気の

「アイコ」や「フルティア」の苗が入手できず、次回に購入したいと思っております。

 

 

こちらは左から万願寺唐辛子、タカノツメ、アイコに似た細長い黄色い品種のミニトマト。

 

 

ナスも今年も行っちゃいます。それぞれに料理する用途に合わせて買ってみました。

さて、今年はちゃんと育つかなァ〜。

 

 

大葉(青じそ)は毎年種がこぼれて勝手に生えて来るので後は植え替するだけです。

今年はリクエストが多かったので3鉢植えることにしました。

 

 

イチゴは1鉢枯れてしまいましたが2鉢残ったので現在は実がなってきました。

今秋は植え替えて株わけしようと思っています。

 

 

GWまで楽しませてくれたフリージアは花も終了して球根の成長を待っています。

この状態で適当に水やりしていると葉が枯れてきます。その後球根を掘り出して天日に

干して乾燥させます。フリージアの球根は「夏眠」をしますので夏の間涼しいところで

保管をして秋(10月中旬)ごろ芽が出てきましたら植球します。

 

 

変わって、こちらも毎年植えている「カサブランカ」。今年度は白のほか、赤やピンクを

チョイスしてみました。開花したあと花粉が洗濯物に付くと困るので室外機の奥に置きました。

 

夏の農園は食べるもの中心なんでまた一段と楽しみな事でもあります。

今夏も一杯野菜が実ってくれることを期待したいです。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 19:05 | - | trackbacks(0) |
春のピクタ農園は終焉。

先月末から毎年のようにプチうつ病に罹ります。これを世にいう5月病なので

しょうか?今年は仕事のイライラや家庭内、嫌な事が重なった結果でしょうか。

精神科へ行って処方してもらいましたので現在は落ち着いています。

暫くブログの更新もそれどころではありませんでした。

 

さて、GWもあっという間に過ぎて世間は平常に戻っています。

変化の無い毎日だからこと精神が病むのかもしれません。

 

しばらく楽しんでおりました今年の春のピクタ農園も終焉です。

サクラの花が咲くころからひと月あまり楽しませてくれたピクタ農園ですが

季節は夏へと変わろうとしています。

 

 

最後に咲いたチューリップの当然枯れ果てました。今年度はウィルスにあまり罹らなかった

ので結構花を楽しむ事が出来ました。

 

 

ほぼ咲き終わったフリージア。今年度は相当苗を育てたのでたくさん楽しむ事が出来ました。

これからは葉が枯れるまでそのままにしておくと球根が太って来て来年も活用できます。

そうやって累代栽培をし続けてきたフリージアですが次年度は12年目になります。

 

 

今年度の夏イチゴ。1鉢はやはり枯れてしまいましたが残り2鉢は花が咲いて実を

つけました。

 

 

こちらは2年前からやっている「スナップエンドウ」。今年は鳥害による被害をクリアー

したため結構な収穫が見込めました。暖かくなるにつれて急成長して開花してすぐに

実を付けて枯れます。まあ、生産性が良いのかもしれませんがあと1回収獲したら終了。

 

 

収獲したスナップエンドウ。自家製ですが売っているものより甘みが強くておいしいです。

友人にたくさん上げましたので非常に喜ばれました。我が家の酒のつまみに貢献して

くれました。

 

 

差し上げたチューリップの一部。開花をしばらく楽しんだら切り花にして花好きな

女友達にたくさん上げました。やっぱり人が喜んでくれるって嬉しいですよね。

 

これで春のピクタ農園は終りになりましたので今月半ばからは「夏のピクタ農園」を

スタートさせる予定です。さて、夏は野菜中心になるので何を育てようかそれはまた

楽しみな事でもあります。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 14:18 | - | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ