プライベートブログ
声優さんとの楽しい思い出
 昨日は北風強くとても寒い天気でしたが今日はちょっとだけ暖かい日です。寒い日は家で仕事できるありがたさをつくづく感じました。

昨日はブログ更新の途中から悪友と飲みに行ってしまいましたので更新間に合わなかったです。案の定今日は二日酔いで起きたのは何と9時をまわっていましたヨ!
なのでちょっと早めの更新を・・・。

月曜日から給食当番を解任?されたのでお料理番組が無くなるとつまらなくなく方のために何か考えなくてはなりませんね。で、昨日の事ですが久々に母にお昼をゴチソウしました。(たまには親孝行しないとね)

外食した先は楽市楽座のトンカツ定食。ああ、トンカツ食べたかったんでェ。たまにはね。



ご飯はおいらの好みで16穀米にしました。これだけで十分お腹一杯でした。

さて、一昨日はアニメにちなんでのブログでしたが今日は一緒に出てきた声優さんとスタッフで旅行したときのスナップとアフレコ時の裏話なんぞしてみたいと思います。



スナップは1985年に当時の担当していた北斗の拳のスタッフと声優さんとの旅行。
冨士五湖へ泊まりました。写真中央に神谷明さんが見えます。そのほかマミヤ役の藤田淑子さん
(一休さんの声役)、塩沢兼人さん(南斗水鳥拳のレイの声役)、安藤ありささん(レイの妹アイリの声役)、内海賢二さん(ラオウの声役)をはじめ、製作監督、音響監督、オーディオ監督、プロデューサー、シナリオライター他豪華メンバーでの旅行でした。ああ〜、懐かしい!

ここで裏話をちょっと。
北斗の拳のアフレコは新宿にあるスタジオで行っていましたがスケジュールの関係で他の番組の
アフレコと重なる事がありました。神谷明さんは多忙でしたのでお隣の部屋を行ったり来たりしたときもありました。当時はキン肉まんと重なっていましたので時々声が裏返ってしまう事がありました。
北斗の拳で初期の頃のケンシロウは「あたたた・・・」の声がかん高いのが解ります。
もちろん声優さんは周りの雰囲気を大切にされるのでオチャラケもたくさんしてくれます。
キン肉まんの声でケンシロウを演じてくれたり、内海さんがCMのパクリをしてくれたりとスタッフや
キャストの心を和ませたりしてくれていました。でも、さすが本番ともなると一変してピーンと張った
空気になります。(当然ですね)時として塩沢さんがディレクターから何度もNGを出されて可愛そうに
なったこともありました。ああ、兼人さんも急逝してしまいましたね。

北斗の拳は直ぐに声優の蟹江栄司さんが亡くなったり、おいらが担当していた作画監督が事故死したりとスタッフでお参りしようかも話が出たくらいです。ああ、おいらとよく組んでいたI演出家も亡くなったと後から聞きました。ああ怖わ〜。でも本当の話です。



スナップは河口湖でのショット。写真右下は当時24歳のおいら。ほとんど坊やですね。そのとなりの女性はリンちゃんこと鈴木富子さん(リンの声役)です。急逝された事を後から知りました。ショックでした。同じ郷土だったので時々地元の話もしました。皮ジャンがカッコイイ演出家のM氏(演出には定評があります)、頭にバンダナを巻いているのはY君。彼は後に「笑うセールスマン」の総監督を勤めます。この頃はこの世界に入ったばかりのトウデ(東京デザイナー学園)卒業したての新人君でした。でも、彼はこの頃から才能ありましたね。

ああ、もう昔の話です。いつかまた機会がありましたらお話したいですね。
| atelierpicta | アニメ | 13:55 | - | trackbacks(0) |
http://blog1.atelier-picta.com/trackback/136
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ