プライベートブログ
待望の子供が生まれる。
このところ雨が降ったり晴れたりの日が交互にやってきます。
そろそろ春の訪れを感じるような気がします。

さてさて、仕事の方は一区切りが終わってホッとしていますが
次の作業に取り掛かっています。また、今年も「確定申告」のまとめを
しなくてはなりません。本当に面倒ですね。

おいらの趣味である熱帯魚(グッピーを飼育しています。)ですが
このところ産仔(さんじ)ラッシュを迎えています。



昨年10月に所沢熱帯魚さんから入手したプラチナドイツイエロータキシード♂と
シンガーブルーネオンタキシード♀を掛けたF1から誕生したF2です。
写真の個体は4か月を過ぎた若魚でネオンタキシードの表現の物を種親に残しました。

F2の仕上がりはとても良くて期待してF3採取の為に1月前に交配していました。
F2の出来が良い分F3への関心が高まります。



上記F2の4回目の産仔した子供。約1月になりますのでオスメスに選別します。



こちらの上記F2の兄弟のリボンタイプの子供を残り1回だけ採りました。
産仔から約2週間目。来月中旬には雌雄が判ると思います。



F2の子供の2回目、3回目のオスたち。血が新しいので体格も良く元気。
プラチナの乗りも良くて背びれも大きいので次世代の期待も高まります。



このY型プラチナタキシードのF2の出来が良かったので元来うちで累代飼育して
いたトパーズ(RRE・アクアマリンネオンタキシード)の立て直しに今回交配しました。

写真のトパーズのメスは片親にブラオを使って生まれていますのでメスは完全に
Rヘテロメス(Rr)なのでオスにはレッドでもネオンでもF1の生まれる子供の結果は
同じ。ネオンタイプは同種間で交配させましたのでこちらはレッドテールを使用しました。



前回のブログで1腹が掛かったと報告しましたがその後順調にお腹が大きくなり
昨日待望の子供が生まれました。もう1腹も卵を抱えていたので妊娠するかと
思っていましたが残念ながら放卵(流産)してしまいました。

しかし、初産でしかもRRE種が1腹40匹ほど産仔したのは驚きました。
このからはこの子供を使っていろいろと遊べそうです。同胎交配でF2にゴールデンの
遺伝子があるかも確認したかったのでやっとこのルーツを調べる事が出来ます。
当然子供は全てヘテロ(RREの遺伝子を半分持っている)なので同胎交配でRREが
誕生します。この一連のアルビノが育ったらきっと良いものが出来そうな気がします。



もう一つニュースなのは同時にこのトパーズの立て直しの為にネオンのメスに
トパーズのオスを掛けていた子供が今日生まれました。(生んでる最中ですが。)



写真はちょっと見にくいですがメスの下腹から稚魚が出てくる産仔の瞬間。



生まれて直ぐに泳ぎだします。じゃないと食われちゃいますからね。
本能的なものなんでしょう。



このブログ更新中に生んでいます。現時点では15匹くらい。全部で30匹くらいに
なりそうです。このままプラチナ系とアクアマリン系のネオンのアルビノ種の
作出の第一歩が生み出せそうです。共に順調に育てば夏までには待望のF2で結果が
出ると思います。これからが楽しみな一つになりました。

今年いっぱいこれで「遺伝子ゲーム」が楽しめそうです。

話変わって。



とっくに過ぎてしまいましたがバレンタインの後続のチョコレートを頂きました。
仕事多忙で受け取れなかったので2週間遅れのバレンタインでした。

「謝謝尓巧克力!」(ありがとうございますチョコレート!)
| atelierpicta | 熱帯魚 | 15:41 | - | trackbacks(0) |
http://blog1.atelier-picta.com/trackback/788
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ