プライベートブログ
中国語でまたまた受験生。

今日は久しぶりに暖かい日でした。なんでも昨年より3日遅い「春一番」が

吹いたそうな。でも寒さは来週にはまたもとに戻るようで本格的な春はまだ遠い。

 

さて、プライベートもいろいろとやる事が多くてブログの更新も怠け気味でした。

来週からは「確定申告」のまとめもしなければならず春は何かと忙しいです。

 

さらに今回は昨年試験に合格した中国語準4級に拍車が掛かって無謀にも

この3月に4級の試験を受ける事にしました。

 

 

写真が申込書。いわゆる願書ですね。この時受験費用も一緒に支払います。

級が上がるにつれて高くなってゆきます。4級は¥3,800ですがたとえ落第しても

金額も少ないですし、何かペナルティーが付くものでもありません。年3回の試験時期

(毎年3月、6月、11月)がありますからまた次回にトライすればそれでいいです。

 

今回は前回受験したこともあって協会からダイレクトに案内がきました。

っで、無謀を承知で受験してみることに・・・。今年は何てったって「果敢にトライ」が

自身抱負。決めたら何でもやってみましょう。

 

 

受験案内書(緑のやつ)と過去問題。準4級と違ってはるかに試験内容が重たい。

普通は入門上クラスを一年ほど学習して準4級をマスター、4級は入門下クラスを

さらに一年ほど学習して試験にトライするみたいですがおいらは中途半端に独学経験が

あっていろいろと悩んだんですが短期補習を受けて3月の試験に挑む事にしました。

 

写真はちょっと分かりにくいかもしれませんがこの内容で日本における日本語として

小学校高学年クラスですね。3級で中学校クラス、2級で高校クラスみたいです。

3級クラスになれば簡単な会話くらいを中国語話せなければなりません。

中国語は結構難しいです。友人からはそんなに頑張るなら英語でよくねェ?と言われます。

しかし、どうしてもある意地があって克服したいものがおいらにはあるんですよ!

 

 

今回は自己学習では到底無理なので昨年6月から通っている中国語学校で

ショート(短期決戦ともいう)で個人授業としてプログラムを組んでもらいました。

先週から毎週通っている水曜教室の少し前の時間にプログラムを入れてもらいました。

なので一昨日は2回目の補習で行って来ました。

 

 

 

池袋南口から徒歩5分ほどにある「イーチャイナアカデミー」さん。

おいらはここに昨年6月から本格的に中国語を学ぶため入学しました。

 

 

エレバーターで4Fまであがり降りると直ぐに看板が見えます。

「歓迎光臨」とはいらっしゃいませと言う意味です。

 

 

元々おいらは入門クラスなのでこの4級クラスの授業はあらかじめ予習をしておかないと

まったく勉強について行けません。新しい単語は何とかなるとして新しい文法は

なかなか頭に入らず脳が時々フリーズしてしまいます。

 

 

写真は量詞(日本語で言う数詞にあたる)を勉強しているところ。日本語と違って

言葉の表現が違います。人は中国語では(个=個)と数えます。一人=一個となります。

衣服は一件、事柄なども一件なので本当に迷ってしまい、難しいです。

 

また写真は今回プログラムで個人レッスンして頂いている美人講師です。

広州出身の美人講師で非常に教え方が上手いです。勉強にも身が入りますね。(コラコラ)

毎回60分ですがかなりの勉強量なのであっと言う間に時間は来てしまいます。

 

3月の検定試験(3月26日開催)までもう1月ちょっと、かなり頑張らないといけません。

補習は全部で8回(毎回60分×8回=480分)なので何とか頑張ってゆこうと思います。

 

今回も受けているおいらお勧めの中国語学校はここ

 

イーチャイナアカデミー   http://e-chinaikb.jp/

 

講師はすべて女性中国人です。これからの自分のスキルに如何ですか?

 

 

さて、話変わって今年度のバレンタイン結果は・・・。

 

 

写真の通り少し控えめ。たくさんもらっても返すの大変ですし、それほど甘いモノは

おいらは好きじゃないのでこのくらいでちょうどいいです。いつも有難うございます。

| atelierpicta | 中国語 | 17:24 | - | trackbacks(0) |
http://blog1.atelier-picta.com/trackback/884
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ