プライベートブログ
中国語検定は落ちました。(涙;)

昨日から世間はゴールデンウィークに入りました。連休中も天気が

良い日が多そうでお休みの方はこれからが楽しみと思います。

 

もう一週間ほど前の事ですが3月に受験した「中国語検定」4級の

合否結果の通知が届きました。結果から先に言いますと不合格でした。

 

合格する自信は初めからなかったのですが自分への挑戦と実力を

身をもって知りたいのが今回受験した目的です。

 

昨年11月末に準4級試験を受けて見事合格果たしましたがやはり

その上の4級はぐっと難易度もあがりそれなりに学習を積まないと

無理があったようです。

 

本来ならば準4級クラスからさらに一年ほど学習して合格するレベルですが

短期決戦で挑んだ結果は散々たるものでした。

 

 

合否結果の直ぐあとに次回検定試験(6月25日)の案内も届きました。

今回不合格でしたら6月にもう一度試験をトライするつもりでいましたがこれからは

仕事がもっと忙しくなるので時間も取れません。学校もGWに入って休みになるので

集中レッスンの時間も足りない。なので年3回ある試験の内11月の試験までに

もっと学習をして今度こそ合格を目指そうと思いました。

 

 

今回の結果です。4級以上はリスニングと筆記の2本立てで合否が決まります。

準4級はリスニングと筆記の合計が基準点を超えていれば合格になりますが

4級以上はそれぞれに基準点をクリアーしないと不合格になる仕組みになっています。

 

今回の補習は筆記の文法を中心にやったのでそれなりに効果があって一応合格ラインに

届きましたがリスニングが全くダメ。っというよりよくわからなかった(聞こえなかった)

 

 

リスニングの2項目は長文読解なのである程度聞き取れるものの全体的な意味が

判らず結果は散々。この問題は2分ほどのスピーチを聞いて中国語で質問されるので

中国語で回答するという問題です。マークシート記述なので運が良ければ合格
していたかも?っと思いましたが・・・。(あと3問あっていたら合格ラインでした。)

 

問題をみればお分かりと思いますが全く何も書いてありません。すべてスピーカーから

流れる会話を必死でメモして答えを探すというものです。

しかし、問1は大方聞き取れたのでもう少し耳慣れして聞き取れれば次回頑張れそうです。

 

 

筆記の方は声調はほぼ大丈夫、文法もすべて学習できたわけではありませんが

良い結果がでました。問4はこれまた長文読解ですがどうもこれが苦手なようです。

上の写真は抜けているところに適切な言葉をいれる問題です。

 

 

筆記試験の5問は記述式の日本語を中国語に訳す問題です。準4級の時は単語の書き取り

程度ですが4級からは簡単な文になります。無記入はなく動詞の位置の違いや「了」の

使い方の間違えで減点されてしまい、こちらももう少し落ち着いて学習しないとダメでした。

 

 

今回はいつもの試験より比較的簡単だったそうですがまだまだ道のりは遠いです。

とはいえ4級となれば半数くらいの方が落選してしまうクラスなのでもうちょっと

次回は頑張りたいと思っています。学生時代にはこんなに勉強なんぞした事がなかった

のですが興味持って学習する事はとても良い事と感じました。

 

PS・・・ちょっといい話。

 

最近、友人・知人に言われることがちょっとあって。なんでもおいらの顔が小さくなった

という。痩せた?とかよく言われることが多くて社交辞令と最初は思っていました。

別に体重も変わりませんし(ほっといて下さい。)・・・。どうやら中国語の影響みたいです。

 

中国語は非常にあごの筋肉を使います。中国人のあごがシャープなのはこのせいです。

ネットでは女性のために顎を使うデモを見たことがありますがこれが一因みたい。

中国語学習を始めて間もなく11か月になりますがこれが功奏しているかもしれない。

| atelierpicta | 中国語 | 15:46 | - | trackbacks(0) |
http://blog1.atelier-picta.com/trackback/901
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ