プライベートブログ
HSK3級検定行って来ました。

寒〜い!まるで真冬ですね。これほど12月で寒く感じるのは何年ぶりでしょうか?

12月に入って早くも2週目。本当に1年が早いです。

 

さて、なんだかんだと忙しくてブログ更新どころじゃなかったです。

気が付いたらもう2週間も経っていました。

 

11月末、中検(中国語検定)4級試験を受けましたが今週日曜日にHSK検定

(漢語水平考試)3級の試験も受けてきました。

 

中検は何度か試験を受けましたので勝手がわかりますがHSK検定は初めてなので

とても不安でした。そして今回の会場となって「亜細亜大学」へ向かったのでした。

 

 

大学のある「武蔵境」駅まで自宅の清瀬駅からバスに乗り、中央線で乗り継いで行きました。

 

 

駅からミニバスに乗って大学まで行きます。歩いても15分くらいですがこの可愛いバスに

乗りたかったので(本当は歩きたくなかった)これにしました。

 

 

バスを降りると直ぐでした。非常に判りやすい看板ですね。

亜細亜大学は昔若い頃に仕事で武蔵境周辺に行きましたので大学の近くをよく

通って思い出があります。

 

 

南門からすぐに今回の会場が見えてきます。今回の受験生がたくさんいました。

皆さん若い方ばかりで何だか恥ずかしい気持ちになります。

 


入口で案内書をもらいます。中検試験と違って非常に注意事項がうるさいです。

入室もすべて受験票から身分証明まで徹底して管理がされています。

 

また、試験についても細かく指示されます。試験の様子はもちろんの事、問題用紙も

中検と違って持ち帰れませんのでまったくブログで説明できなくて残念です。

 

5級からは試験前の説明もすべて中国語だそうで本当に中国三昧といったところでしょうか。

実際試験もリスニングは当然中国語ですが、筆記もすべて中国語となっています。

つまりその時点で意味が分からないとアウト・・・。しかも作文まである。

 

また、試験はそれぞれのパートですべて時間内に回答しないとダメです。

中検の時のように時間内なら読み返しや添削が出来ますがHSKではこれは

すべてペナルティーが科せられます。イエローカード2枚でアウトになり

午前中でもこれで失格になった方もいたそうです。実際おいらの試験中イエローカードを

切られた方もいました。とにかく規則に厳しいです。

 

中検と違って出題も多く、試験内容も会話中心で本当にビビりました。

採点はリスニング100点、筆記100点、作文100点の合計300点で

180点以上が合格ラインとなります。

 

中検4級クラスと思ってそれなりに勉強はしていましたが甘く見ていました。

う〜ん、こちらのHSKはちょっと厳しいかも?中検と違って問題用紙もらえませんし、

回答も公表されませんので現時点ではまったくわかりません。合否連絡は2月後に

来るみたいです。結果が早く知りたいですね。

 

ちなみに先月受験した中検4級ですが・・・。

「漢語4級考試通過了」(中国語4級試験は合格しました)。

| atelierpicta | 中国語 | 23:55 | - | trackbacks(0) |
http://blog1.atelier-picta.com/trackback/929
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ