プライベートブログ
チューリップの季節がやってきた。

こちらのブログ更新は本当に久しぶりです。前回投稿が2月でしたから

もう8か月ほど放置状態でした。

もしかしたらこちらは閉鎖してんだろうと思われていたかも。

 

プラベイベートでも勿論いろいろとあったんですが仕事の方も忙しくて

なかなかこちらまで手が回りませんでした。

 

久しぶりのプライベートブログはやはり「ピクタ農園」からです。

今年は当方もそれなりにコロナ禍の影響もあったんですがそれより

異常気象の方がダメージが大きかったです。

仕事上、塗装作業がひと月ほど足止めを食らったりと散々でした。

 

また、毎年のように楽しみにしている夏のピクタ農園もこの雨と猛暑で

壊滅的な打撃を受けました。このところ急に涼しく(ほとんど寒い)

なりましたのでこれまた毎年楽しみにしている秋の球根植えになります。

 

 

ジャ〜ン!毎年恒例のチューリップの球根。毎年色やカタチの組み合わせで

プランを決めていますが今年のチョイスはこちら。

 

最近は秋・冬野菜を植える事が多くなりましたので球根の植える量は減りました。

今年はそれでも80球ほどでしょうか。それではちょっとご紹介。

 

 

昨年は入手できなかった「パーロット」系(ようするにオウムの巻毛の意味)

数あるチューリップの中で一番好きな品種です。SE系ですので開花は遅い。

 

 

花びらの先端がギザギザになる「フリンジ」系。ファンシーフリルなどが

有名ですね。ちょっと可愛いらしい品種。

 

 

こちらは原種に近いカタチの「ゆり」系。

 

 

八重咲(バラ咲き)系。こちらも開花は遅い。ボリュームがあります。

 

 

こちらの2袋は花のカタチではなく同色セットです。今年は黄色とピンクを

チョイスしました。同時に植えても同時に開花するという事はあまりありません。

1袋で1プランターがまとまり値段も手ごろでお勧めです。

 

今年はブルー・紫系はチョイスしませんでした。

 

さて、こちらはもう15年以上も累代栽培している「フリージア」。

 

 

少し友人に差し上げたのですがまだまだこんなにあります。入手当初は

10球でした。それが今では毎年150球以上収穫できます。

 

6月末から7月初旬に掘り起こして消毒・乾燥を経て10月の植え込みに

備えておりました。球根をカビさせないように夏越しさせるのがちょっとコツ。

 

 

今年は急に涼しくなったせいで早々に芽が出てき始めましたので早速

鉢に植える事にしました。花の色の識別をしていないので開花まで何色が

咲くのかは分かりませんがそれもまた楽しみの一つですね。

 

例年3月20日ごろから咲き始め、4月中旬がピークになります。

黄色が最初に咲いてピンク、赤と咲き始めます。白も以前は咲いていましたが

最近はほどんど淘汰されてしまいました。

 

今来ている台風が過ぎましたらチューリップも植える予定です。

そして野菜の種もどんどん蒔いてゆこうと思います。

| atelierpicta | ピクタ農園 | 14:27 | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ