プライベートブログ
大晦日。

今年もあと20分ほどで終わり、新年がやってきます。

今年も慌ただしく年末を過ごしました。

 

 

仕事多忙で部屋の掃除をあまりしていませんでしたので今日は朝から気合入れて

部屋を綺麗に片づけました。やっぱり部屋が綺麗だと気分も落ち着きます。

 

おいらはTVをほとんど見ないのですが大晦日だけつけっぱなしにしています。

明日はお正月ですから落ち着いた部屋でのんびり過ごしたいと思っています。

 


先ほど年越しソバを頂きました。天婦羅を揚げて薬味と頂きます。今年は我が家で

育った「赤い大根」がありましたので縁起を担ぐ意味で食しました。

 

あともう少しで新年ですね。それではどうか良いお年をお迎え下さい。

| atelierpicta | 日記 | 23:52 | - | trackbacks(0) |
イクラの醤油漬けを作る。

ここ2日ばかり比較的暖かな日が続いていましたが今夜からまた寒くなるみたい。

いよいよ今年もあと1週間を切りました。まさに師走、毎日が慌ただしいです。

 

さて、今日はお正月料理に備えてちょっと仕込み料理をやってみました。

時々行く鮮魚センターにて「生イクラ」を買って醤油漬けを作りました。

難しいと思われがちですがとても簡単な料理ですよ!

 

 

生イクラは10月頃から秋サケの季節に合わせてスーパーなどでも目にするようになります。

12月ともなると少し値段が上がりますが大粒なものが手に入ります。

 

今回は300グラムくらいのものをチョイス。漬け汁は家で作っても簡単ではありますが

面倒なので既製品のタレを買ってきました。(値段も安いしお手軽ですから)

 

まずお湯を沸かします。やや熱めのお湯に大さじ一杯の塩を溶かした塩湯を作ります。

 

 

ボールに張った塩湯に生イクラの塊を放り込みます。そして素早く菜箸でかき混ぜます。

結構手荒く扱っても意外と潰れません。しばらくすると不思議にポロポロとバラけます。

入れた瞬間に卵が白濁しますが大丈夫、後で綺麗に戻りますから。

 

 

卵のうである薄皮につく卵を丁寧に外して卵だけにします。写真の手はその薄皮。

 

 

大まかな不純物を取りながら生臭さを取るため数回塩を入れたぬるま湯で洗います。

真水で洗うと卵が固くなってしまいますから必ず塩水で洗って下さい。

 

 

ザルに空けた状態。少し白濁した卵が透き通ってきました。

 

 

最終的に不純物を取り除いたらサッと洗ってザルに空けます。

 

 

ザルに空けてよく水を切ります。ラップをして冷蔵庫で1〜2時間余分な水気を切ります。

そうするとあら不思議!透き通った元の卵が復活します。まるで宝石のような輝き、

本当に美味しそうです。300グラムもあるのでたっぷりと味わえます。

 

 

容器に空けて今回は既製品のタレですがたっぷり掛けて醤油漬けにします。

 

 

少しなじんだらプリンカップに小分けして明日から食べる分と残りは冷凍してお正月に

備えます。冷凍すれば1か月は充分にもちます。スーパーで売っている加工品は解凍モノ

なので再冷凍はできません。冷凍が効くのは生イクラだけです。

 

非常にカロリーオーバーな食材ではありますが一年に一回くらいは贅沢にふるまいたいと

思っています。

| atelierpicta | 日記 | 23:16 | - | trackbacks(0) |
メリークリスマス!

今年もやってきましたこの季節。メリークリスマス!

 

 

 

 

 

画像回転ツール 編集画像

| atelierpicta | 日記 | 01:15 | - | trackbacks(0) |
浅草寺参拝。

今日はかねてより予定しておりました浅草寺へ参拝に行って参りました。

浅草を訪れるのは1年半ぶりですか。

神様へ今年の一年の報告と来年度の商売繁盛への祈願。

 

知っていると思いますが浅草寺は商売繁盛の神様でもあります。

今年は例年になくいろいろと仕事上トラブルもありましたので

来年こそ商売がよりスムーズにゆくようお願いしてきました。

 

 

銀座線浅草駅を出て入口「雷門」へ向かいます。平日ながら相変わらずたくさんの人で

賑わっていました。それにしても外国人観光客でいっぱい。

 

和服姿の方が結構見られたのでよく見たら外国人でした。どうやらレンタルで和服に着替えて

街を散策するのが粋なそうな。男の人も結構いらっしゃいました。

 

 

大提灯の下にはこの龍があります。気が付かない人もいるようですが。

特に中国人は龍が好きみたいで盛んに指を指したり写真を撮ったりしていましたね。

 

 

仲見世通り。結構にぎわっています。もし、次の連休だったら大変そう。

 

 

伝法院通り。こちらも結構な人出。

 

 

浅草名物スカイツリー。実はおいらはまだ行ったことがありません。いつか行こうと

思いますが東京にいるといつでも行こうと思えば行けますので行動が伴わなくて・・・。

 

 

参道を進み浅草寺へ。この辺になると結構すいていました。

 

 

本堂前の「小舟町」の提灯がある門に着きます。

 

 

その左手には五重の塔があります。

 

 

門をくぐって本堂へ向かいます。おいらは無宗教なので関係なく香を浴びたり、

御祈願したりしてきました。「どうか来年も無事に商売ができますように・・・。」

 

 

観光に行ったのではないので土産物は買いませんでしたがおみくじだけやって来ました。

今回は「吉」と出ました。まだまだ運気はこれからの様です。

 

運気は現在の様子を反映するものですから行いによっては「凶」に転じたり、

運気がUPしたりするそうであまり良くない結果でもがっかりする事はないみたいです。

先日までの気持ちのモヤモヤも解消されつつありますので今年も僅かとなりましたが

残された時間の中で仕事に励みたいと思います。

| atelierpicta | 日記 | 23:55 | - | trackbacks(0) |
ふたご座流星群は見ましたか?

今日も相変わらず寒い一日でした。これから更に寒くなると思うと嫌ですね。

 

さて、一昨日のブログ更新でちょっと触れましたが昨夜は三大流星群の一つ

「ふたご座流星群」のピーク(極大)でした。毎年この流星群は楽しみにしています。

 

ふたご座流星群についてはネットで調べればいろいろと書いてあるのですぐに

分かると思いますが、簡単なウンチクを言いますと・・・。

 

毎年この時期にみられる流星群の一つでふたご座にある「カストル」という星を

起点に放出される流星群です。ふたご座にある1等星「ポルックス」の上にある

2等星で、ギリシャ神話では兄で人間の子として生まれてきたカストルと神の子で

弟のポルックスの兄弟をあらわす星座となっています。物語では戦で没した兄を

悲しみ(人間なので死んでも蘇らない)弟のポルックスが自分の不死身の体を

捨ててまで神・ゼウスに頼んで天星となったと伝えられています。(おしまい)

 

星座を見つけるには東南の空に向かい、「冬の大三角星」であるオリオン座の

ベテルギウス(変光赤色超巨星)、こいぬ座のプロキオン(1等星)、おおいぬ座の

シリウス(1等連星。地球から一番近い恒星で8,6光年)の三角星をまず見つけて

そこから向かってやや左下にあるポルックスを見つけます。さらに上にある暗い星が

カストルです。この星から周囲に流星は放出されますのでこれを基準に観察してみてね。

 

昨夜の実測では深夜2時ごろに10分間ほど観察してみましたが運よく2つ観測できました。

結構明るい流れ星でしたよ。もう少し観察してみたいところではありましたがなんせ

寒いものんですから2つ見たらそれで良しとしました。おかげで風邪を引いたみたい。

 

流星群は昨夜がピーク(実際には今日の午後4時ごろがピークでした。)でしたが

今夜も観察は出来るそうで数は半分くらいになるみたいですが運良けりゃー時間あたり

20〜30個くらい見込めるのだそうです。興味あれば今夜如何ですか?

 

 

っで、話変わって。

 

仕事多忙でちゃんとした食事も摂っていませんでしたから今日は美味しい魚を

食べたいと思い鮮魚センターへ行って来ました。っとその前に菌活から。

 

 

2回目の収穫が始まった別の「しいたけ」。

 

 

1回目と違って数はありませんが大きくてプリプリのモノが出来上がりました。

今日はこのしいたけと美味しい魚で夕飯を楽しみました。

 

 

見た目プチ懐石風。我が家にはミニ七輪がありますので今日は焼きたらこ、焼きしいたけ

焼きネギと2種類の刺身で一杯やる事にしました。

 

 

採れたて新鮮自家製しいたけは石づきを取って飾り包丁を入れて見た目もよろしく

この時期嬉しい炎を眺めながら程よくたらこを焼き上げます。

 

 

今回2種のお刺身ですが左は鯵のタタキ、右はクロソイの刺身です。鯵のタタキは

やはり新鮮でないと生臭いし、食感も良くありません。クロソイは通常スーパーには

めったに入荷しませんし、刺身で食えるとなると鮮魚センターしか手がありません。

 

鯵のタタキは夏くらいから月一回くらいで食べていましたがクロソイの刺身は数年ぶりです。

仕事が多忙でイライラも続いてしましたので簡単なストレス解消は食べる事ですね!!!

| atelierpicta | 日記 | 23:05 | - | trackbacks(0) |
5年の月日。

今日は昨日と変わって寒い一日でした。しばらく冬将軍が居座るようです。

 

今日12月12日はおいらが上京した起算の日でもあります。(2012年12月12日)

早いもので今年でもう5年の月日が流れました。その間に多くの出会いや発見、

得たもの失ったものいろいろとありました。

 

今年はいろんな面で精神的に疲れた一年になりました。(まだ3週間ほどあるけど・・・)

仕事も相変わらず多忙を極めますし、残された時間の中でやらなくてはならないことが

まだ一杯残っています。う〜ん、どうしようかなァ〜。思うだけでは何も進みませんが。

 

毎年の事ですが12月は思い切って「断捨離」をする事を心掛けています。

嫌な事、嫌な思い出すべて捨てて新しい風を取り込もうと思っています。

 

さて、明日は三大流星群の一つ「ふたご座流星群」。今年度は観測条件が非常に

良いようで非常に期待が持てます。明晩10時くらいからショーの始まりみたいです。

ご興味あればネットで調べてみてくださいね。

 

 

話変わって。

 

今秋のピクタ農園で初トライした「タアサイ」。順調に育っていました。

 

 

青梗菜によく似ています。アブラナ科なので当然といえば当然ですが。

栽培は非常に簡単でした。なのにスーパーではまず見かけないですね。収穫まで

時間が掛かるからコストが合わないのかもしれません。

 

 

収穫したタアサイ。寒〆めと言って茎が凍らないように自身の水分を放出して

糖度が増す事で甘みとうまみが凝縮させる方法を言います。

 

典型的な栽培法でよく見かけるのが「ほうれん草」ですね。甘みが強いのがお判りと

思います。おいらの取った栽培法は成長する昼間に温かい水を少量やり、成長を促しながらも

水分をコントロールする方法を取りました。

 

 

さっそく炒めて頂きます。本当にこれは「旨い!」。濃厚な味、シャキシャキの食感

しかも無農薬栽培で採り立て。簡単に手に入らない物だから価値があるのでしょうか。

 

愛情を持って育ててそれを感謝して頂く。本当の贅沢とはそんな所なのかもしれません。

| atelierpicta | 日記 | 23:55 | - | trackbacks(0) |
今年のボジョレー・ヌーボー。

昨夜の冷たい雨も昼前には上がってまた日差しが戻って来ました。

クリスマスまでもう一月ほど、一年なんてあっという間ですね。

 

昨日は中国語の授業のため夜は池袋まで出かけましたので遅れる事一週間、

やっと今年のボジョレー・ヌーボーを入手しました。

 

今年の解禁は11月16日(木)。毎年11月の第三木曜日と定められています。

先週までは時間が取れなくてやっと入手できました。例年ですと解禁当日か翌日には

買いに行くのですが今年は行けませんでした。当然ながらパンフで予め買いたいなァ〜と

品定めしていたものは早々に完売していました。(非常に残念!)

 

 

っで、今年入手したのは写真の3本。それとワインに合わせて前もって購入しておいた

ミモレット・チーズ。やはりワインにチーズは合います。生ハムなんかも良いですね。

数ある品種から試飲してこの3本をチョイスしました。

 

 

今回はフルボトル1本、ハーフボトル1本を購入。理由は一人で一本はやはり一晩では

重すぎ。翌日の仕事に影響ないようにハーフを今年は購入してみた次第。

 

また、ヌーボーはもともと熟成用に作れていませんので長期保存が効きません。年内

いっぱいに飲むのがベストだそうです。熟成させるとすぐに劣化するそうです。おいらも

クリスマスかお正月に飲み切るように毎年しています。

 

 

今回はまず左のものから頂くことにしました。やや辛口タイプだそうです。

中央のフルボトルはフルーティーな味わい、右のシャテルスは名醸造家の連続金賞の

定番モデルだそうです。もともとヌーボーは口当たりのよいワインなんで好みが

それぞれあると思います。

 

ここで豆知識なんですがボジョレー・ヌーボーとは11月に生産されるフランスワインの

内、フランスのブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯ボジョレーから採れるブドウを

使って作られたもの。また、ヌーボーとはプリムールと呼ばれる試飲新酒仕様のワインを

指します。なのでヌーボーがすべてボジョレーではありません。

 

ボジョレー地区のワインでなければただのヌーボー(試飲新酒)に過ぎません。

従って今回ちゃんとボジョレー産ものを買ってきました。その分お金も奮発。

 

 

大好きなミモレット・チーズですがはやり熟成期間が短いので味はイマイチ。やはり

最低でも12カ月熟成、出来れば18カ月熟成が美味ですね。

 

さて、今日11月23日は勤労感謝の日なので自分へのご褒美にちょっとお祝いしてみました。

 

 

話変わって。

 

 

ウチのスタッフのご両親からお歳暮頂いちゃいました。毎回本当にすいません。

知多半島からの産物なんでやはり海のものになります。おいらは特に海産物が好きなので

本当に嬉しい贈り物でした。特に日間賀島産の味付け海苔は最高に美味しい。

ご飯も本当に進みます。いつもいつもすいません、有難う御座いました。

| atelierpicta | 日記 | 23:33 | - | trackbacks(0) |
いただきもの。

寒〜ぃい!まるで真冬みたいです。おいらは暑いのも苦手ですが寒いのもダメ。

これからますます寒くなる一方でこれから先が思いやられます。

 

さて、こんな美味しい頂き物が届きました。

 

 

お世話になっているお客様から季節の頂き物。中京地区では有名な「栗きんとん」。

名古屋在住の時はこの季節に食べたりしましたが上京してからは初めてになります。

 

 

見るからに美味しそうです。知ってる人は知っていますが結構高価な銘菓です。

 

 

早速仕事の合間にお茶菓子として頂いております。これで仕事も頑張らないと。

 

早速お礼のメールを入れたのですが戻ってきてしまいました。

パソコンを替えたのでデータ転送に不具合が発生しているかもしれません。

ちょっと調べてみますがこの場を借りてお礼申し上げます。

美味しかったです。有難う御座いました。

| atelierpicta | 日記 | 23:28 | - | trackbacks(0) |
懐かしい味。

今日はますます寒くなって11月上旬並みの気温になりました。

これからはだんだんと嫌な季節がやってきます。

 

先月家族のお見舞いに名古屋へ行ったときに東京地区では赤みそが

ほとんど売ってない事を話しておりました。そんな事から今日、

家族から嬉しい頂き物が届きました。

 

 

名古屋と言ったらやっぱり赤みそ。東京地区でも売ってなくはないのですが

需要がほとんどないみたいであってもサイズが小さかったり値段が高かったりと

なかなか買う機会がありませんでした。また知らないメーカーのモノを買ったことが

ありますが美味しくありませんでした。

 

2袋送ってくれましたのでしばらくは料理に活躍してくれそうです。

なので今日は寒い事もあってこれを早速作ってみました。

 

 

トン汁。今日みたいに寒い日にゃー本当に頼りになる料理。具をふんだんに入れてと。

 

 

大なべに今回届いた赤みそを惜しげもなくドカーンとぶち込みます。

赤みそなので少々濃いめでもしょっぱくはありません。むしろ味濃いめが名古屋流!!!

香り付けにゴマ油を一振りするのがポイント。少し煮込んで完成です。

 

さらにもう一つ料理を。料理というより薬味の役割ですかね。

 

 

我が家の「青トウガラシ」。これを使って唐辛子味噌を作る事にしました。

 


今回用意したのは今日収穫した青トウガラシと8月に収穫して冷凍保存していたものを

合わせて使用することにしました。

 

 

用意するのは刻んだ青トウガラシ(刻むだけでカプサイシンから涙ポロポロ)と

赤みそに「酒・みりん・砂糖」を同量ずつをボールにあけてよく練り合わせておきます。

 

作り方はまず刻んだ青トウガラシをゴマ油でしんなりするまで炒め、この後に味噌を

入れて焦げないように攪拌しながら練り上げてゆきます。焦げないように注意すれば

約10分ほどで出来上がります。あとは常温に冷えたら瓶詰して冷蔵庫で保管します。

 

 

出来上がったトウガラシ味噌。ごはんに乗せて食べても美味しいし、薬味にも重宝

します。買うと結構しますが自家製なら気にする事もありません。

冷蔵庫に保管すれば3,4カ月は充分に持ちます。

 

 

先ほどのトン汁で体を温めたら今夜も少し残業しましょうかね。

久々の赤みそ、ありがとうございました。

| atelierpicta | 日記 | 21:37 | - | trackbacks(0) |
中秋の迷月?

10月に入り今日は今秋一番の冷え込みになりました。これからは日に日に

寒くなってゆくのでしょうか。

 

先月末からパソコンへ繋ぐカードリーダーとSDカードの不具合が発生して

仕事多忙もさることながらブログ更新が出来ませんでした。

仕方がないので今日、新しいリーダーとSDカードを買ってきました。

 

さて、今日は「中秋の名月」ですね。天気予報は晴れとあったのですが

雲が多くて東京地区はちょっといつものように月が美しくありませんでした。

 

 

コンデジで三脚無しのフリーハンドなので綺麗に撮影は出来ませんが雲に燻された

ようなお月様。

 

 

雲が切れるのを待っていましたがなかなかタイミングが合わず寒い事もあって断念しました。

 

 

 

うーん、やっぱり中秋の名月というより迷月になってしまいましたね。

次回までにはちゃんと一眼レフを買って撮影に挑戦してみたいと思います。

 

「中秋節快楽!」。

| atelierpicta | 日記 | 23:55 | - | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ